「サーキュレーター」と「扇風機」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サーキュレーター」と「扇風機」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サーキュレーター」「扇風機」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サーキュレーター」とは?

「サーキュレーター」の意味と概要について紹介します。

「サーキュレーター」の意味

「サーキュレーター」は、「風を起こして部屋の空気を循環させる為の電気機器」です。

「サーキュレーター」の概要

「サーキュレーター」は、部屋の空気を循環させる為に風を起こす電気機器のことを言い、主な特徴は以下の2つです。

1つ目は「風が真っ直ぐに伝わる」という点で、上下左右に角度調節ができて、広がらずにその方向に風を真っ直ぐに飛ばせます。

2つ目は、「風が遠くまで届く」という点で、風力が強い為に周囲の空気を混ぜ合わせて循環させるのです。

夏にエアコンを使う場合、エアコンの冷気は下の方に溜まってしまうので、「サーキュレーター」を使うと、部屋の奥まで冷気が届きます。

「扇風機」よりも風力が強いので、エアコンから離れていても涼しくなるのです。

また、冬に暖房を使う際にも角度調節すれば、部屋中を暖められます。

「扇風機」とは?

「扇風機」の意味と概要について紹介します。

「扇風機」の意味

「扇風機」「せんぷうき」と読みます。

意味は、「複数の羽根を回転させて、起きた風で涼を取る電気機器」です。

「扇風機」の概要

「扇風機」は、昔からある夏に人が涼しむ為に作られた電化製品です。

複数の羽根を回転させて風を起こし、直接当たることで涼しむものです。

冷風は、強過ぎると身体が冷えすぎて風邪を引いたり、体調を崩すことがありますが、「扇風機」は人の身体に悪影響のない程度の丁度良い風量に作られています。

風力はあまり強くなく、遠くまで風は飛ばないのですが、狭い部屋で夏場にエアコンが必要ない程である場合は「扇風機」が向いています。

「サーキュレーター」と「扇風機」の違い!

「サーキュレーター」「風を起こして部屋の空気を循環させる為の電気機器」です。

「扇風機」「複数の羽根を回転させて、起きた風で涼を取る電気機器」です。

まとめ

今回は「サーキュレーター」「扇風機」の違いをお伝えしました。

「サーキュレーターは空気を循環させる」「扇風機は風に当たって涼を取る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典