「サーチ」と「リサーチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サーチ」と「リサーチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サーチ」「リサーチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サーチ」とは?

「サーチ」とは、英語で“search”と綴ります。

意味は調べること、調査、データ検索となります。

よく使われる言葉に「サーチエンジン」があります。

これは検索エンジンということなのですが、インターネットの中から目的に応じた情報を検索する機能のことを言います。

その為のサーバー、サービスのことでもあります。

「リサーチ」とは?

「リサーチ」とは、英語では“research”と綴ります。

意味は、調べること、調査することとなります。

よく使われる言葉に「マーケティングリサーチ」というものがあります。

これは消費者の動向、市場の分析など、企業が製品開発、販売に関して行う調査のことを言います。

「サーチ」と「リサーチ」の違い!

「サーチ」「リサーチ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、調査、調べるといった意味では同じです。

ですが、ニュアンスが違いますので、ふさわしい方を選んで使っています。

通常、ちょっと調べたいことがある、データを検索するといった時は「サーチ」を使います。

知りたいことがあるので辞書をひく、本を読む、ネットで検索するといったことが「サーチ」ということになるでしょう。

一方の「リサーチ」とは、やはり調べること、調査することという意味なのですが、どちらかと言えば「調査」といった意味合いが強い場合に使います。

消費者の動向、市場の分析、など企業が製品の開発、販売を行うにあたって行う調査などは「マーケティングリサーチ」と言います。

アンケートを取るといったことは「リサーチする」などと言い表しますが「サーチする」とは言いません。

このような使い方の違いを理解しておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「サーチ」「リサーチ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉はどちらも調べる、調査するといった意味が同じです。

大まかに使い方を分けるとすれば、ちょっと調べたい程度は「サーチ」、しっかり深く調査することは「リサーチ」となります。

言葉の意味を理解して、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典