スポンサーリンク

「サービス業」と「接客業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サービス業」と「接客業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

非常に分かりづらい「サービス業」「接客業」

さて、違いはあるのでしょうか。

この記事では、「サービス業」「接客業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サービス業」とは?

言葉としてのサービスの意味は、誰かをもてなすことや奉仕することです。

そして、仕事としての「サービス業」は、お客様に喜びを提供することを主幹とした業務を意味します。

有形無形を問わず、様々なサービスが求められているために、同じサービス業でも実に多くの職種が存在しています。

「接客業」とは?

「接客業」とは、お客様に接する仕事のことです。

臨機応変に対応できるコミュニケーション力や相手へ的確に伝える話術など多岐に亘るスキルが求められます。

「サービス業」と「接客業」の違い

「サービス業」は業種を大きく分類したときに用いるため、実際はもっと細かく分けることができます。

そのひとつが「接客業」です。

つまり、「接客業」「サービス業」に含まれる業種なのです。

まとめ

職探しの際、どのような仕事がいいのか迷う人は大勢います。

人と話すのが好きだから「接客業」にしよう。

誰かに喜んでもらいたいから「サービス業」にしよう。

このように別々の動機で探し始めた人たちが同じ職場で働き始めたとしても何ら不思議はありません。

何故かと言えば、「サービス業」「接客業」はとても曖昧な使われ方をしているからです。

実際は、「接客業」「サービス業」の中のひとつなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典