スポンサーリンク

「システム運用」と「システム保守」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「システム運用」と「システム保守」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「システム運用」「システム保守」という言葉は聞いた事はあってもどういう意味の言葉か分からない人は意外と多いです。

この2つの言葉の意味を説明します。

スポンサーリンク

「システム運用」とは?

なんとなく聞いた事がある人が多い「システム運用」という言葉ですが、その意味は意外と分かってない人が多いです。

では、実際に「システム運用」とはどういう意味の言葉かというとその名前の通りの意味であるシステムの運用をしっかりしていくことを意味します。

つまりそのシステムを毎日通常通りに動かし続けるといった感じの意味になります。

そうしないと常に同じ状況を維持できないからです。

なので、常に同字状態にシステムを維持して動かしていくのが「システム運用」という言葉の意味です。

「システム保守」とは?

「システム保守」というのはシステムに変更を加えたり修理をしたりする事を意味する言葉になります。

「システム保守」というのはシステムに何か異常事態が起きた時に対処するために必要になります。

「システム運用」をしているだけでは解決できない問題が発生する事もあるので、それに対応するために必要なのが「システム保守」というものです。

「システム運用」と「システム保守」の違い

「システム運用」「システム保守」の違いはどういうものがあるかというと、「システム運用」はシステムを正常に動かすという役割を持っているというのがあり、「システム保守」というのはシステムの変更や修復といったことをするという違いがあります。

まとめ

「システム運用」「システム保守」では全くその役割が違いますが、結局はシステムを正常にするために「システム運用」「システム保守」があります。

あくまで役割分担をしているだけで、その目的は同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典