スポンサーリンク

「シナハン」と「ロケハン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シナハン」と「ロケハン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シナハン」「ロケハン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シナハン」とは?

「シナハン」はテレビ番組や映画作りをする際に用いられる行為を指し、シナリオハンティングという意味です。

シナリオハンティングという言葉自体の意味は、映画やテレビ番組を作るうえでシナリオを制作できそうな風景や場所を抑えることで、取材交渉とも呼びます。

物語を構成していくうえで実際に現地の方とお話をして、取材交渉を行うことで物語を生み出すことを「シナハン」と呼びます。

「シナハン」の使い方

「シナハン」は取材交渉を行い物語を構成する場合用いられる言葉で、テレビ番組や映画などのリアリティを追求するために現地の方に協力して頂きシナリオを作ることに使用する言葉です。

その為、この言葉はテレビ番組を構成する人物やそれら関係者、映画関係者が使用する言葉になりますので一般人はあまり使用しません。

また、「シナハン」はあくまで取材交渉して作品作りに必要なデータだけを集める行為になりますので、作品作りのために取材交渉したエリアをお借りすることはないです。

取材交渉したエリアをお借りして撮影に臨んだ場合、「ロケハン」となります。

「ロケハン」とは?

「ロケハン」は、ロケーションハンティングの略称で、映画やテレビ番組の舞台となるエリアを貸していただくようお願いをする行為です。

この言葉は、主に映画やテレビ番組制作陣が使用する言葉になります。

「ロケハン」の使い方

「ロケハン」という言葉を使用するのは、主に映画やテレビ番組などを作り上げる人物で、取材交渉を行いロケ地を貸して頂く行為をこの「ロケハン」という言葉で表します。

その為、この「ロケハン」という言葉を使用するのは一般人ではなく、映画やテレビ番組を制作する制作人です。

「シナハン」と「ロケハン」の違い

「シナハン」「ロケハン」の違いですが、番組や映画のシナリオ制作するために現地住民の方からお話を聞くか、現地の風景やエリアをお借りして作品を作り上げるために使用するかという違いがあります。

「シナハン」はシナリオ作りをするために周囲の方に取材をする取材交渉をする行為で、「ロケハン」との違いは取材交渉で話を聞き出す点が異なります。

一方、「ロケハン」は動画撮影に必要なエリアをお借りして作品を作る行為であるという違いがあるのです。

まとめ

「シナハン」「ロケハン」の違いですが、目的が異なり、「シナハン」は、動画作品のシナリオを構築するために現地取材をする行為で、「ロケハン」は、動画作品の背景を作り出す行為であるという違いがあります。

これらの言葉を用いて、物語作りが目的別であると示しているのは映画やテレビ番組を制作している制作陣が目的が別であることを分けるために使用しているのです。

ここでいう目的とは、作品作りを指し、「シナハン」はシナリオ作り、「ロケハン」は背景作りを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典