スポンサーリンク

「シパ」と「推し」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シパ」と「推し」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シパ」「推し」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シパ」とは?

「シパ」は、「シッパー」の略で同性や同性愛を指す海外の造語です。

その為、本来の意味においては、同性愛のことを指しますが、今現在においては、個人が自由に誰と誰が恋愛関係にあるかを考えるだけのことを指します。

「推し」とは?

「推し」は、人にものを薦めることを指しますが、「一押し」という言葉と異なり、無理に相手に対して物を薦めるのではなく、あくまでおすすめです、のように無理強いしないおすすめをすることを「推し」と呼びます。

「シパ」と「推し」の違い

「シパ」「推し」の違いは、人に勧める行為であるか、単なる妄想であるかです。

「シパ」入ってしまえば個人の妄想を他人に話す行為であり、実のところ、「推し」のようにおすすめする行為ではないためジャンルが異なります。

「推し」は無理強いをしないおすすめする行為であるため、違いは、妄想を他者に話すか、他者に物を薦めるかどうかという違いです。

「シパ」の例文

・『シパの在り方は、カップリングを許容できるかどうかだ』
この例は、誰と誰が恋愛関係にあるかどうかというカップリング論争は、カップリングを許容できるかどうかだとした例です。

「シパ」は同性愛を指す言葉ですがそれと同時にカップリングという意味も持ち、妄想上でのカップリングになりますのでそれらを許すことができるかどうかがカップリング論争であるとした例になります。

・『シパは気持ちの悪い文化だ』
この例は、自己の妄想上でのカップリングについて話す文化という物は気持ちが悪いとした例です。

「シパ」は一つの文化であると取られる人物においては、そうした個人の考えは気持ちの良い物ではないという例になります。

「推し」の例文

・『私の推しはこちらの商品です』
「推し」はさりげなく、無理強いをすることなく物を薦める行為であるため、この例は、こちらの商品をお勧めしている例になります。

・『私は二人の結婚については推しを与える』
この例は、2人の結婚については、無理強いをすることなく推奨すべきであると述べた例です。

「推し」もカップリングなどにおいておすすめのカップルであると太鼓判を押すことができます。

まとめ

「シパ」「推し」の違いは、妄想上でカップリングを作り上げるか、単に物をお勧めするだけの行為であるかという違いになり、「推し」は実はカップルなどに太鼓判を押すことではなく、単純に物をお勧めするだけであるため、妄想を含まず、考えあってゆえの結論であると取れます。

「シパ」も一応、考えあってのカップリングでしょうが、問題は、「シパ」の場合、正しい、正しくないという言い合いに発展することが問題で、要は妄想のお話であるにもかかわらず、ムキになるが故「推し」と比較した場合、炎上を起こしやすいです。

「推し」は、あくまで相手が気に入らなくとも、そうかと受け流すことができ、しかもお勧めするに際して無理強いをしないという性質上、お話を聞いたもの同士がそっかーと納得したうえで会話が進むという点があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典