スポンサーリンク

「シャバ僧」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シャバ僧」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シャバ僧」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シャバ僧」の意味

「シャバ僧」とは弱腰な奴という意味を持つヤンキー用語。

「シャバ僧」の解説

「シャバ僧」とは「シャバい小僧」を略した言葉です。

「シャバい」とはひ弱、根性なし、冴えない、といった意味合いで、1990年代のヤンキーなどが使っていた用語です。

「娑婆っぽい」、つまり一般人のようでヤンキーではない、弱いといった意味があり、弱腰な言動に対して「お前シャバいぞ」と使うわけです。

そこから「シャバい」言動をする人を「シャバ僧」と呼ぶようになりました。

ほとんど死語で意味を知らない若者も多いでしょうか。

現在の言葉に置き換えるならば「ヘタレ」となります。

「シャバ僧」の使われ方

「シャバ僧」とは、90年代頃のヤンキー用語の一つで、現在では意味を知らないという若者も多い言葉です。

それでは「シャバ僧」を使った例をいくつか紹介しますので、イメージを掴んでみてください。

「あいつは口が達者なだけで、ただのシャバ僧だからな」

「俺をシャバ僧扱いしたこと後悔させてやる」

「あんなシャバ僧に頼っても、ろくなことにはならないぞ」

「お前、親とか警察とかびびってんのか。シャバ僧だな」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典