スポンサーリンク

「シュールな感じ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シュールな感じ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シュールな感じ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シュールな感じ」とは?意味

「シュールな感じ」とは、対象となる者を自分の目線で見て滑稽に見えていることです。

なおシュールは元々20世紀後半に定義された絵の表現方法でものすごく現実的に制作者側の意向を得の中に取り入れた作品群を指し、あり得ない物を現実的に描き切ることで滑稽に見えるが美しいとされた絵の表現方法になります。

「シュールな感じ」の概要

「シュールな感じ」は、感じとあるように対象となる物にそのような印象を持ったという意味です。

その為、100人に「シュールな感じ」がするという物体を見せて100人中全員が滑稽だとかおかしいと述べればそれは、「シュール」になり感じではなくなります。

あくまで、感じとは、100人がその作品を見て何割かが滑稽だとかおかしいという感想を持たないことを指し、全員が作品自体がおかしいや滑稽だと言い出せばそれは「シュール」です。

ただ、全員が満場一致でおかしいや滑稽だということはまずありえないため、「シュールな感じ」という言葉はかなり現実的に対象となる物が変であることを述べています。

「シュールな感じ」の言葉の使い方や使われ方

「シュールな感じ」は、対象となる物がおかしかったり、他と異なる着眼点がある者である場合、そのように感じるという意味を込めて「シュールな感じ」と呼びます。

なお、この言葉はあくまで、自己の判断です。

「シュールな感じ」を使った例文

・『ピカソの絵って理解できないことが多くてシュールな感じ』
この例は、事実からなるピカソに関する絵についての意見で分からないことばかりでどのような絵であるかを聞いても理解できないが故「シュールな感じ」と述べています。

「シュールな感じ」は理解できないことと滑稽に見えることの他不条理さがあり、この例はすべてが該当している例です。

なおピカソは、シュールレアリスムを代表とする画家であるため、このような印象を持つことは正しく、ピカソの絵に対して正しい認識を持って評価をしていると見えます。

・『爆弾が爆発して服だけが吹き飛ぶのはシュールな感じ』
この例は、昔のアニメにある表現法が理解できないという例です。

爆弾が爆発した場合、対象となる物はすべて吹き飛びますが、そうならないことが不条理であると述べています。

ただ、アニメという物自体が不条理の塊であるため、リアリティを追究した場合、面白みのない作品に仕上がるためアニメではシュールな表現は重要です。

まとめ

「シュールな感じ」は、誰しもが認識可能な問題で滑稽に見えることや不思議に見えるなど理解できないことを指します。

シュールは、芸術作品に多く見られ、あえてそうみせることで不思議な印象を与えることと不思議さの中に現実的な物がかかれていることで面白く作品を表現することが可能であると20世紀に証明されたが故今現在においては「シュールな感じ」は視聴者側が不思議だ、おかしいと感じた率直な意見です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典