スポンサーリンク

「ショートアイアン」とは?意味や特徴や概要、言葉の使い方など分かりやすく解釈(ゴルフ用語)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ショートアイアン」とは?スポーツ用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゴルフ用語の「ショートアイアン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ショートアイアン」とは?意味

「ショートアイアン」とは、「アイアンの中でも飛距離が短めで、距離を刻んで目標にアプローチしやすいクラブ」を意味しています。

「ショートアイアン」というのは、アイアンクラブの中でも特に「8番アイアン・9番アイアン・ピッチングウェッジ・アプローチウェッジ」を指しています。

「ショートアイアン」のクラブとしての物理的な特徴は、「シャフト(柄)が短めでヘッドのフェイスが開いていてボールを打ち上げやすい構造になっていること」です。

「ショートアイアン」の概要

「ショートアイアン」とは、「シャフトの長さが短めに抑えられていて、飛距離が出にくいがアプローチや障害からの脱出に向いているアイアンクラブ」のことです。

アイアンクラブは大きく、飛距離の小さなクラブから順番に「ショート(9番・8番・PW・AW)・ミドル(7番・6番・5番)・ロング(4番・3番・2番)」に分けられます。

「ショートアイアン」はアイアンの中でも使いやすいクラブです。

ボールの回転も少なくて止まりやすいので、短い距離でグリーンに乗せたい時などに適しているクラブと言えます。

また「ショートアイアン」はヘッドが開いていて(ロフト角が大きくて)ボールが上がりやすいので、「バンカーからの脱出+ピン近くを狙ったグリーン乗せ」などがやりやすくなっています。

「ショートアイアン」の言葉の使い方や使われ方

「ショートアイアン」のゴルフ用語は、「クラブの柄であるシャフトが短くて、ボールが飛ぶ距離も短めの刻むアイアン」を意味して使います。

「ショートアイアン」というクラブの名称・分類としての言葉は、具体的には「8番・9番(7番を含む場合もある)・PW(ピッチングウェッジ)・AW(アプローチウェッジ)」を指して使われているのです。

例えば、「バンカーから抜け出すために、ショートアイアンで砂と一緒にボールを高く打ち上げました」などの文章で使うことができます。

「ショートアイアン」の関連語

・『9番・8番アイアン』……アイアンクラブは番手の数字が大きいほど、シャフトの長さが短くなって扱いやすいクラブになっていきます。9番と8番は飛距離が短くて打ち上げに向いた典型的なショートアイアンです。

・『ピッチングウェッジ(PW)』……短めの飛距離が約100ヤードのウェッジ(ショートアイアン)で、刻んでアプローチするような場面で性能を発揮します。

・『アプローチウェッジ(AW)』……短めの飛距離が約90ヤードのウェッジ(ショートアイアン)で、ボールを高く打ち上げてのアプローチに向いています。SWとPWの中間的位置づけのウェッジなので、バンカーなどからのエクスプロージョンにも使えます。

まとめ

この記事では、ゴルフ用語の「ショートアイアン」について分かりやすく説明しました。

「ショートアイアン」は、「シャフトの長さが短めで飛距離も出にくい、刻んだり打ち上げたりするのに適したアイアンクラブ」を意味しています。

「ショートアイアン」の意味や概要、使い方などについて詳しくリサーチしたい人は、この記事の解説を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典