スポンサーリンク

「ショートカット」とは?意味や特徴や概要、言葉の使い方など分かりやすく解釈(ゴルフ用語)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ショートカット」とは?スポーツ用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゴルフ用語の「ショートカット」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ショートカット」とは?意味

「ショートカット」とは、「障害となる森・林・池などを飛び越えることでグリーンに一気に近づけるゴルフの戦略的な打ち方」を意味しています。

「ショートカット」というのは、「主に右ドッグレットや左ドッグレットのような屈曲のあるコースにおいて、近道してスコアを上げるために、林や森の上を飛び越えられるようなロングショットを放つこと」を示しているゴルフ用語なのです。

ゴルフコースの分類である「ドッグレット」は、「犬の脚の部分のように右や左に曲がっていて、直接的にグリーンを見ることが難しい形状のコース」といった意味合いを持っています。

「ショートカット」の概要

「ショートカット」とは、平たくいってしまえば「近道・ゴルフにおいて近道をする戦略」のことです。

「ショートカット」というゴルフの競技場の戦略は、具体的には「ドッグレットのように曲がっている部分があるゴルフコースにおいて、森や林、池、渓谷などの上を大きく飛び越えていくロングショットを打つことで近道すること」を意味していることになります。

「ショートカット」はショットの飛距離とコントロールに自信があるゴルファーにとってはかなり有効な戦略です。

ただし「ショートカット」「ハイリスク・ハイリターンの戦略」です。

「飛距離不足・コントロールの不十分さ」によって、森・林の中に落ちたりOBになってしまったりするリスクも高いので気をつけて採用する必要があります。

「ショートカット」の言葉の使い方や使われ方

「ショートカット」のゴルフ用語は、「主にコースがまっすぐではなくて曲がっている形状のコースの場合に、林・森・谷などの上を飛び越えて近道のアプローチをすること」を意味して使います。

「ショートカット」という言葉は、「ゴルフの戦略的な打ち方として、近道をして打数を減らすために森林・渓谷などの障害物の上を飛び越えていくようなショットを打つこと」を指して使われているのです。

例えば、「ロングショットが得意な選手なので、このコースのようなドッグレットであれば、思い切ってショートカットを狙ってくるはずです」などの文章で使うことができます。

「ショートカット」を使った例文

・『左に曲がっている左ドッグレットのホールにおいて、前方に広がる鬱蒼とした森の上を飛び抜けていくショートカットをしてみようと思ったのです。』
・『ショートカットに成功すれば大幅に打数を減らせるナイスショットとして称賛されますが、失敗すればただのOBになってしまって一打罰を食らうだけとなります。』
・『面積の広い林・森の上空を飛び越えて一気にグリーンにアプローチするようなショートカットは、ウッドでかなりの飛距離を出せるプレイヤーでないと無理でしょう。』

まとめ

この記事では、ゴルフ用語の「ショートカット」について分かりやすく説明しました。

「ショートカット」は、「カップまでの経路が曲がっているようなゴルフコースにおいて、近道するために森林や谷などを越えてアプローチしようとする大胆な戦略」を意味しています。

「ショートカット」の意味や概要、使い方などについて詳しく知りたい人は、この記事の内容を確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典