スポンサーリンク

「シンメ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シンメ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シンメ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シンメ」とは?意味

「シンメ」とは、「シンメトリー(左右対称)の略語」です。

「シンメ」というスラング(俗語)は、特に「ジャニーズジュニアなどのアイドルグループにおいて、歌を歌うときに左右対称のポジションでダンスをしている二人組のこと」を意味しています。

そのため、ジャニーズジュニアやジャニーズのアイドルグループにおいて「シンメ」というスラングを使う場合には、実質的に「(歌を披露するときにおおむね同じ立ち位置で同じダンスをしている)コンビ」のことを示唆しているのです。

「シンメ」はおおむね固定された「二人組のコンビ」として認識されているため、ファンであれば「AくんのシンメはBくん」のように決まったメンバーの「シンメ」をすぐに挙げることができるのです。

ただし、ハロープロジェクトや沖縄アクターズなどで「シンメ」という場合には、「後ろの列で踊るメンバー」というややネガティブなニュアンスもあります。

「シンメ」の概要

「シンメ」の元ネタ・原語は、「シンメトリー(symmetry)」という英語の名詞です。

「シンメトリー」という英語は「左右対称」を意味していて、その対義語は「アシンメトリー(asymmetry)」になります。

「シンメ」とは「左右対称のシンメトリー」の意味から、「ジャニーズジュニアなどのアイドルグループにおいて、左右対称の位置づけ・振り付けで踊っている二人組(コンビ)」のことを示唆するようになったのです。

ファン目線からは「シンメ」は、常に二人組の仲が良いコンビ、強い絆で結ばれている仲間といったイメージでとらえられています。

「シンメ」の言葉の使い方や使われ方

「シンメ」という言葉は、「ジャニーズジュニアやジャニーズのアイドルグループにおいて、いつも左右対称のポジションにいて同じような振り付けでダンスをしている二人組・コンビ」を意味して使う使い方になります。

「シンメ」「ほぼ相手が固定されたジャニーズのアイドルグループのコンビ」の意味で使われるだけでなく、それぞれのグループの「シンメ」ごとに愛称(ニックネーム)が決められていたりします。

例えば、「キンプリの平野紫耀+永瀬廉のシンメ」「しょうれん」と呼ばれています。

「シンメ」を使った例文(使用例)

・『ジャニーズのグループのファンであれば、推しのグループのシンメの組み合わせについては正確に把握しています。』

・『Sexy Zoneの代表的なシンメであるふまけん(菊池風磨+中島健人)は、元気で色気があるのにどこか上品な雰囲気がたまらないのです。』

・『ジャニーズのシンメの魅力や特徴についてまとめているサイトを見ていたら、あっという間に二時間くらい過ぎてしまいました。』

まとめ

「シンメ」というジャニーズのアイドルに関連するスラングの意味や概要について解説しましたが、いかがでしたか? 「シンメ」とは、「ジャニーズのアイドルグループで、おおむね左右対称のポジションにいて同じ振りで踊っている二人組のコンビ」を指し示しています。

「シンメ」というスラング(俗語)の意味を詳しくリサーチしたい人は、この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典