「シーチキン」と「ツナ缶」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シーチキン」と「ツナ缶」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シーチキン」「ツナ缶」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シーチキン」とは?

「シーチキン」の意味と概要について紹介します。

「シーチキン」の意味

「シーチキン」は、「食品会社はごろもフーズ(株)が発売しているツナ缶の登録商標のこと」です。

「シーチキン」の概要

「シーチキン」は、大手食品会社はごろもフーズ(株)が発売している「ツナ缶」の登録商法です。

CMなどでお馴染みの人気商品の為に知名度が高く、「ツナ缶」の代名詞として「シーチキン」と呼ぶ人が多いのです。

「ツナ」「マグロ」「マグロ加工品」という意味で、欧米では加工した肉が白く鶏肉の様であることから“chicken of the sea”(海の鶏肉)」と呼ばれています。

しかし、この名前は他社が登録商標となっていた為に使用できず、考えた末に「sea chicken」という名称にしたのです。

その手軽さから人気になり、現在では「シーチキンシリーズ」として生産されています。

「ツナ缶」とは?

「ツナ缶」の意味と概要について紹介します。

「ツナ缶」の意味

「ツナ缶」は、「マグロのオイル漬けを缶詰にしたもの」という意味です。

「ツナ缶」の概要

「ツナ缶」は、マグロの身をオイル漬けにした缶詰のことを言います。

「ツナ」とは英語で「マグロ」のことですが、食べ物の種類の場合は「マグロ」を油に漬けたものであり、特に登録商法ではなく、一般的に使われる名前です。

「ツナ」はさっぱりしていてサラダやパンに使える加工食品として人気があります。

また、カツオやサバなども「ツナ」と呼ばれることがあり、カツオのオイル漬けも「ツナ」と呼ばれています。

「シーチキン」と「ツナ缶」の違い!

「シーチキン」「食品会社はごろもフーズ(株)が発売しているツナ缶の登録商標のこと」です。

「ツナ缶」「マグロのオイル漬けを缶詰にしたもの」です。

まとめ

今回は「シーチキン」「ツナ缶」の違いをお伝えしました。

「シーチキンは登録商法」「ツナ缶はマグロのオイル漬けの総称」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典