スポンサーリンク

「ジェルネイル」と「マニキュア」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジェルネイル」と「マニキュア」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジェルネイル」「マニキュア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジェルネイル」とは?

爪に施す化粧です。

これを行うためには、特殊な樹脂が必要です。

自分の爪に樹脂を塗り、その上から紫外線を照射すると樹脂が固まります。

紫外線照射のためには、UVライトを使用します。

LEDライトでも可能です。

使用するジェルには、ベースジェル、カラージェル、トップジェルの3種類があります。

ベースジェルとは、自分の爪に直接塗るもので、この後に使用するカラージェルの定着をよくする働きがあります。

カラージェルは色がついているジェルです。

さまざまな色のものがあります。

トップジェルはカラージェルをコーティングするためのものです。

この3つの働きが1つになったチャームスティックジェルというものもあります。

「ジェルネイル」は持ちがよい特徴があります。

2週間程度は塗ったときのような状態を保つことができ、手の使い方などに気をつけていれば1か月程度は持ちます。

「ジェルネイル」の使い方

爪に施す化粧を指して使用する言葉です。

爪につけるものはいろいろとありますが、特殊な樹脂を塗ってUVライトで固めるタイプを指していいます。

「マニキュア」とは?

爪の手入れのことです。

爪の形を整え、甘皮をむき、液を塗ることです。

爪の表面に化粧を施すことをいいます。

爪の表面に化粧を施すために、マニキュア液というものを使用します。

これは有機ポリマーとそれ以外の成分から作られています。

塗ってしばらくすると乾きます。

乾かすためにUVライトなど特殊な道具は必要ありません。

液にはベースコート、ネイルカラー、トップコートの3種類があります。

ベースコートは後に塗るものをはがれにくくする役割があります。

ネイルカラーは色がついたものです。

さまざまな色があります。

乾くまでに30分程度はかかります。

トップコートを塗ることでネイルカラーのもちがよくなります。

「マニキュア」の使い方

爪に施す化粧を指して使用する言葉です。

「ジェルネイル」と「マニキュア」の違い

どちらの言葉が指しているものも爪に施すものですが、使用する道具が違います。

前者には特殊な樹脂を使用します。

UVライトやLEDライトで硬化させる必要があります。

後者には主に有機ポリマーからなる液を使用します。

UVライトやLEDライトは必要ありません。

「ジェルネイル」の例文

・『ジェルネイルのデザインを見せてもらう』>
・『ジェルネイルをしてもらった』>
・『そろそろジェルネイルを変えようかな』>
・『友達のジェルネイルが素敵だった』>
>

「マニキュア」の例文

・『マニキュアを落とす』>
・『マニキュアに使う道具を購入する』>
・『マニキュアをお店でやってもらった』>
・『マニキュアがはがれてきた』>
>

まとめ

2つの言葉が指しているのは爪に施す化粧です。

爪に行うものである点は同じですが、使用する道具が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典