「ジャック」と「プラグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ジャック」と「プラグ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジャック」「プラグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ジャック」とは?

「ジャック」の意味と概要について紹介します。

「ジャック」の意味

「ジャック」は、「オーディオ機器などで、端子を差し込む受け口のこと」です。

「ジャック」の概要

「ジャック」は、オーディオ機器や楽器などで、電源に差し込む端子を、受ける機械側の受け口のことを言います。

基本的に「プラグ」は凸型ものであり、これを機械側にある凹側の部分に差し込むのですが、この受け口のことを「ジャック」と言うのです。

使用する機器により、モノラルやステレオなどの種類がありますが、殆どの場合は「ジャック」部分が色分けされていたり、文字や絵柄などで入れるべき「プラグ」の種類が明記されているので、よく見ていれば間違えることは滅多にありません。

「プラグ」とは?

「プラグ」の意味と概要について紹介します。

「プラグ」の意味

「プラグ」は、「電気回路を接続・切断する為の本体側にある差し込み部分のこと」です。

「プラグ」の概要

「プラグ」は、電気機器を電源に接続したり、切断する時に使う、差し込む部分のことを言います。

その電気機器によりタイプが違いますが、コンセントに差し込む場合には2つの突起が付いています。

また、オーディオ機器や楽器の場合は、先が長細く尖った形をしています。

家電製品の場合、日本の「プラグ」は海外では使えないことが多く、変換プラグが必要になります。

最近ではホテルなどに変換プラグが設置されているところもあります。

「ジャック」と「プラグ」の違い!

「ジャック」「オーディオ機器などで、端子を差し込む受け口のこと」です。

「プラグ」「電気回路を接続・切断する為の本体側にある差し込み部分のこと」です。

まとめ

今回は「ジャック」「プラグ」の違いをお伝えしました。

「ジャックは受け口」「プラグは差し込む部分」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典