スポンサーリンク

「ジーンズ」と「スキニー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジーンズ」と「スキニー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジーンズ」「スキニー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジーンズ」とは?

デニム素材や他の綿素材で作られたズボンのことです。

デニム素材とは、縦糸に染色した糸、横糸に漂白した糸を用いた綾織りの布地です。

厚みがあり丈夫な特徴を持っています。

「ジーンズ」には、さまざまな形があります。

ストレートは、その名の通りまっすぐな形のズボンです。

ある部分だけが極端に細くなっている、太くなっているということがありません。

テーパードは、太もも部分にゆとりがあり、足首に向かって細くなっているものです。

太ももがパツンパツンにならず、スタイルをよく見せる働きが期待できます。

ワイドは、全体がゆとりのあり形になっています。

ゆったりしているため、体型を隠してくれます。

「ジーンズ」は一般的にはブルー系の色をしていますが、ブルー系でないものもあります。

色落ちしやすいため、他のものと分けて洗濯するように表記されている製品が少なくありません。

「ジーンズ」の使い方

デニム生地やその他の綿素材を使用して作ったズボンを指して使用する言葉です。

さまざまな形があり、どのような形のものでも、デニム生地などで作られてものは、この名で呼ぶことができます。

「スキニー」とは?

服の形が体にピッタリとフィットしているさまです。

服の形は大きく分けると、ゆとりのあるものと、ピッタリ体にそうものとがあります。

「スキニー」には、やせこけた、骨と皮という意味があり、服がピッタリとフィットするさまを意味しています。

とくにズボンでこの形がみられます。

ピッタリとしたズボンを穿くと、脚が細く見える働きが期待できます。

しかし、太ももが太い場合には、パツンパツンになってしまい、かえって体型を目立たせてしまいます。

また、体にピッタリフィットしているため、動きにくく感じることがあります。

そのため、ストレッチ素材を使用することがあり、動きやすくしています。

「スキニー」の使い方

服のシルエットを指して使用する言葉です。

体にピッタリとそうような形をいいます。

「ジーンズ」と「スキニー」の違い

前者の言葉はズボンのこと、後者の言葉は服の形のことを指しています。

「ジーンズ」の中には、体にピッタリとそうような形のものがあり、これを「スキニージーンズ」と呼んでいます。

「ジーンズ」の例文

・『ジーンズが色落ちしてしまった』

・『ダメージジーンズを穿いていたら、破けているよと注意された』

・『友達が穿いているジーンズがかっこいい』

・『1万円するジーンズを購入した』

「スキニー」の例文

・『スキニータイプが好き』

・『スキニーは動きにくい』

・『ストレッチ素材を使用したスキニー』

・『スキニーを穿いていたら似合うと褒められた』

まとめ

2つの言葉は一緒に使われることがあり、同じことを指しているように感じますが、それぞれの言葉が意味しているものは違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典