スポンサーリンク

「スイーツアタック」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スイーツアタック」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、交通事故の被疑者を揶揄するスラングである「スイーツアタック」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スイーツアタック」とは?意味

夕方のニュースショーで特集されるようなスイーツに乗っかっていくタイプの人を揶揄するスラングでスイーツ(笑)というものがあります。

スイーツアタックはそのスイーツ(笑)と呼ばれるような年齢層の人が交通事故を起こしたことを揶揄する意味となっています。

「スイーツアタック」の概要

自動車による交通事故を起こしているということから始まる言葉で、不運な事故というよりは無謀な運転や明らかな不注意によることを指しており、運転のあまり得意ではない若い女性を揶揄するという意味合いも多く含まれています。

ただし、自転車による事故というケースもなくはありません。

スイーツアタックという言葉はスイーツ(笑)が前提として存在している言葉ですが、そういった年齢層の人が起こした事故ということ以外は本来報道されず、ツイッターやインスタグラム、フェイスブック等でより明確に特定されてしまうという側面があります。

事故の程度まではスイーツアタックと言う言葉には含まれません。

ケーキ屋に突っ込むなどスイーツ店に突っ込むという意味までは含まれていない言葉です。

また、プリウスミサイルなどと揶揄されるような車種を特定する意味合いも含まれておらず、自分の意志で行うテロのような行為ではないという点も注意すべきポイントであるでしょう。

インターネットでの会話だけではなく、内輪の実際の会話では使える範囲のスラングと言えます。

「スイーツアタック」の言葉の使い方や使われ方

「交通事故を起こした人を検索したらまさにスイーツアタックと言える人だった」「スイーツアタックではあるがけが人が出なくてよかった」「高齢ドライバーよりはスイーツアタックは問題になりにくい」などの使い方が挙げられますが、交通事故を扱ったネガティブなスラングであるため、あまりオープンに使うべきものではないと言えるでしょう。

「スイーツアタック」の類語や言いかえ

スイーツ(笑)の事故、スイーツ脳の事故などが直接的な言い換えとなりますがスラングとしての揶揄度合いはあまり変わっていないと言えます。

車種を特定した交通事故を揶揄しているスラングである「プリウスミサイル」が方向性としては近い言葉で、「スイーツアタック」と両立することも可能ではありますが、実例は少ないです。

信号のある交差点角地にあるコンビニを通り抜ける行為「コンビニワープ」も交通関係スラングとしては近い言葉と言えます。

まとめ

スイーツアタックは二重に揶揄している強めなスラングと言えるもので、匿名で使うケースが一般的と言えるでしょう。

また、交通事故が背景にある際に使うスラングということもあり、実名で使うのは相当危険であるスラングであり、身内で使うのにとどめたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典