「スコール」と「豪雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スコール」と「豪雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スコール」「豪雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スコール」とは?

「スコール」の意味と概要について紹介します。

「スコール」の意味

「スコール」は、「突発的な風に始まり、雷雨を伴うこともある自然現象のこと」です。

「スコール」の概要

「スコール」は、突発的に強風が発生することを言います。

一般的には熱帯地方で発生する「豪雨」というイメージがありますが、雨ではなく「突発的な風」のことです。

世界的な規準として「風速増加が毎秒8m以上、最大風速が11m/秒以上、1分以上継続するもの」となっています。

短時間のうちに風速が増加して、突風となり、その後強い雨を伴うこともあります。

「スコール」の原因は、中層で発生する下降気流や対流により、局地的に下降気流が強まること言われています。

「豪雨」とは?

「豪雨」の意味と概要について紹介します。

「豪雨」の意味

「豪雨」「ごうう」と読みます。

意味は「一時的に激しい勢いで大量に降る雨」「雨量が著しく多い雨のこと」になります。

「豪雨」の概要

「豪雨」は、災害が起きる程一時的に激しい勢いで大量に降る雨のことを言います。

「大雨」との違いは、気象庁により「大雨」「大雨注意報以上の雨」と定められているのに対し、「豪雨」「著しい災害が発生した時に使われる表現」です。

つまり、「豪雨」は雨が降って「著しい災害」が発生した事実があった後に使われる言葉であり、これから降る雨には使えないのです。

天気予報でも予測としての「豪雨になります」とは言えず、「〇〇県で発生した豪雨に近い大雨になる可能性が高い」などと使います。

「スコール」と「豪雨」の違い!

「スコール」「突発的に強風が発生すること」です。

「豪雨」「災害が起きる程一時的に激しい勢いで大量に降る雨」です。

まとめ

今回は「スコール」「豪雨」の違いをお伝えしました。

「スコールは突風」「豪雨は災害級の雨」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典