「スタグフレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スタグフレーション」とは?意味

「スタグフレーション」には、「景気が停滞しているのに、一般物価水準が継続的に上昇している状態」という意味があります。

「スタグネーション」「停滞」という意味がある言葉で、そこに「物価上昇」を意味する「インフレーション」を足した、合成語が「スタグフレーション」になります。

「スタグフレーション」の表現の使い方

「スタグフレーション」の表現の使い方を紹介します。

「スタグフレーション」は、「景気が停滞しているのに、一般物価水準が継続的に上昇している状態」を意味します。

このように「スタグフレーション」は、景気が悪いため、人々の給料やバイト料は低く抑えられている中で、物価ばかり上昇するという状況になるため、生活している人から見れば、最悪な経済状況と言えます。

そこで、「スタグフレーションになったら、最悪だ」「景気停滞は仕方ないとしても、スタグフレーションにだけにはなってほしくない」などというように、「スタグフレーション」という言葉を使ってみましょう。

「スタグフレーション」を使った例文や短文など

「スタグフレーション」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「スタグフレーション」を使った例文1

「景気は悪いのに、物が少ないため『スタグフレーション』になっている」

この例文は、景気が悪いのに、物が少ないため、物価が上昇しているという文章になります。

このように「スタグフレーション」には、「景気が停滞しているのに、一般物価水準が継続的に上昇している状態」という意味があります。

景気が悪い時期に、夏枯れなどが起こり農作物の収穫量が減ると、「スタグフレーション」になるかもしれません。

「スタグフレーション」を使った例文2

「オイルショックの頃、多くの国が『スタグフレーション』になった」

この例文は、1970年代にオイルショックが起きた時、各国の景気が悪いのに、物価が上がるという状況になったという意味があります。

石油の価格が高騰すれば、石油を使って作る衣服や、紙、運輸のための燃料費などの金額も高騰します。

「スタグフレーション」になりやすい要因と言えるでしょう。

「スタグフレーション」の類語や類義語・言い換え

「スタグフレーション」の類語や類似を紹介します。

「スランプフレーション」【すらんぷふれーしょん】

「スランプフレーション」「不況下のインフレ」という意味があり、「スタグフレーション」と言い換えられる、同じ意味を持つ言葉になります。

「最近、野菜が高く、スランプフレーションだと感じる」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典