スポンサーリンク

「ストレス発散」と「ストレス解消」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ストレス発散」と「ストレス解消」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレス社会と呼ばれる現代社会では、ストレスとうまく付き合うことが心身の健康のために不可欠です。

「ストレス発散」「ストレス解消」は同じ意味のようにも思われますが、違いはあるのでしょうか。

この記事では、「ストレス発散」「ストレス解消」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ストレス発散」とは?

「ストレス発散」とは、ストレスがたまったことによる苦痛を娯楽や運動、休息などによって癒すことを意味します。

「ストレス」とは、寒冷・外傷・精神的ショックなどによっておこる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応のことです。

「発散」とは、内部にたまったものが外部に散らばって出ることです。

つまり、「ストレス発散」は、精神的緊張であるストレスを外に出して軽減することです。

「ストレス発散」の方法は人によって様々です。

大声で叫ぶことが「ストレス発散」になる人もいれば、好きな食べ物を食べたり、運動をしたり、自然の中でゆっくりしたりすることが「ストレス発散」になる人もいます。

他にもアロマや音楽など様々な方法があるので、時間がない時でも手軽な方法で「ストレス発散」をすることができます。

「ストレス解消」とは?

「ストレス解消」とは、ストレスをなくすことです。

「解消」は、今までの状態が消えてなくなることや、今までの状態をなくすことを意味します。

ストレスを消すには、ストレスの原因となっているもの自体を解決しなければなりません。

例えば、人間関係がストレスになっているのであれば、その人間関係を改善したり、その人間関係を断ち切ったりする必要があります。

暑さがストレスになっているのであれば、部屋を涼しくしたり、冷たい飲み物を飲んだりすれば、ストレスが消えてなくなります。

「ストレス解消」とは、ストレスの原因となっているものと向き合い、ストレスの原因を根本的に解決することです。

「ストレス発散」と「ストレス解消」の違い

「ストレス発散」「ストレス解消」は同じ意味で用いられることが多いですが、厳密には異なるものを指します。

「ストレス発散」は、不満を言葉に出したり、娯楽・運動に没頭したり、癒し効果のあるものに触れたりすることによって、気持ちを切り替え、ストレスを軽減することです。

それに対し、「ストレス解消」は、ストレスの原因になっているものと向き合い、その原因を解決することによって、ストレスを消すことです。

つまり、「ストレス解消」は、ストレスを根本的に解決することを意味します。

「ストレス発散」によって、一時的にストレスから解放されても、原因となった悩みや問題が解決しない限りは、またストレスが溜まっていき、また「ストレス発散」が必要になります。

このような繰り返しから抜け出すには「ストレス解消」により、ストレスの発生そのものを防ぐ必要があるのです。

まとめ

「ストレス発散」は、一時的にストレスを減らすこと、「ストレス解消」は、ストレスの原因をなくすことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典