スポンサーリンク

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ストレートパーマと縮毛矯正の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ストレートパーマとは?

ストレートパーマとは、ウエーブがかかった髪の毛を真っ直ぐにする技術の呼び名です。

パーマネントウエーブで使う薬剤は化学反応によって髪の毛を真っ直ぐに伸ばし、その状態を保つ技術になります。

お洒落に湾曲させたその髪の毛をまた人工的に真っ直ぐにして、その曲がった状態を完全に取り除けるパーマです。

1990年になるとストレートアイロンが登場し、美容室では髪の毛をアイロンに挟みながら下にスライドさせます。

髪の毛を真っ直ぐに伸ばせるパーマ剤が1,000円前後で売っており、パーマをかけた人がお風呂場や洗面所で気軽に髪の毛を真っ直ぐにするために購入しています。

最近は男性もパーマをかける人が増えており、会社に行くときのためにメンズ用のクリームで髪の毛のパーマを取っています。

縮毛矯正とは?

縮毛矯正とは、天然パーマの縮毛を真っ直ぐにする技術のことです。

生まれながら縮毛で産まれた人のその髪の毛を完全に真っ直ぐにする技術であり、美容技術として訓練を積んだ美容師が行います。

一時的なものから半年、1年と長い間その効果が続くところが人気です。

この縮毛矯正では、薬剤を髪に塗り、加熱して髪の毛を伸ばす工程を繰り返すことで真っ直ぐに伸ばします。

パーマのやり方としては、根元に1液をよく髪の毛に浸透させて放置し、還元剤を洗い流して乾かします。

それからヘアーアイロンを髪の毛にかけて、2液となる酸化剤を浸透させて放置。

それから液を洗い流し、乾かすという工程を定期的におこなっていくことで頑固な癖毛も矯正できるのです。

矯正後に1日から2日は化学反応が終わるまでに時間がかかります。

この間に髪を洗わない、髪をまとめないなど工夫して、さらには美容師の腕が確かであれば矯正した効果も数年から半永久的に髪はストレートのままになります。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを、分かりやすく解説します。

人工的に作ったウエーブを引き伸ばすのがストレートパーマで、元々生まれながらに持つ縮毛を矯正するのが縮毛矯正という違いがあります。

簡単にパーマで髪の毛を真っ直ぐにできるストレートパーマは数千円と安くできますが、薬剤も高く、時間がかかる縮毛矯正は数万円と高価という違いも見られます。

ストレートパーマの例文

・寝ても寝癖が付きにくいストレートパーマなら指通りもよくなるのでおすすめ。

・クリーム状のパーマ剤を塗った後、板へ貼り付けて真っ直ぐにするのがストレートパーマのやり方。

ストレートパーマをかけると寝癖が付きにくいのがメリット。

髪がサラサラになるこのパーマのやり方はどの美容院でもほぼ同じです。

縮毛矯正の例文

・アイロンを使わずに髪の毛を真っ直ぐにできるストレートパーマはタンパク変性無しで髪に優しく縮毛矯正ができる。

・縮毛矯正は美容師の技術力が求められますので、矯正が得意な美容室を選ぶことが大切です。

ヘアアイロンを使うときでも、縮毛を矯正するときでも髪の毛を傷めないよう薬剤も技術も日々進化しています。

まとめ

湾曲した髪の毛を真っ直ぐに伸ばす目的は同じですが、お洒落のためにウエーブをかけた髪と元々癖がある髪の毛を真っ直ぐにするのが目的の縮毛矯正には内容の違いがあります。

癖っ毛で困っているなら縮毛矯正を選び、根本的な悩みを解決して、さらにはお洒落にキメられる髪型にしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典