「スパイウェア」と「ウイルス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スパイウェア」と「ウイルス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スパイウェア」「ウイルス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スパイウェア」とは?

「スパイウェア」の意味と概要について紹介します。

「スパイウェア」の意味

「スパイウェア」は、「コンピュータに保存されている個人情報などを読み取り、ネット経由で流出させるプログラムのこと」です。

「スパイウェア」の概要

「スパイウェア」は、コンピュータ内にある機密情報や個人情報などを読み取り、ネット経由で外部に流出させるプログラムのことを言います。

ユーザーが無料ソフトなどをダウンロードしてインストールした時に、知らないうちに入り込んでくることが多くなります。

感染すると勝手に広告を表示したり、ネットの閲覧履歴を外部に流し、そこからユーザーが好きそうな広告を表示させる様にします。

「ウィルス」と違い、自己増殖して内部のファイルや他人のコンピュータなどに次々と感染していくことはありません。

「ウイルス」とは?

「ウイルス」の意味と概要について紹介します。

「ウイルス」の意味

「ウイルス」は、「増殖してコンピュータに悪い影響を与えるプログラムのこと」です。

「ウイルス」の概要

「ウイルス」は、コンピュータに直接悪影響を与えるプログラムで、一度感染すると自己増殖して、内部のファイルや他人のコンピュータなどに次々と感染してきます。

具体的には「個人情報を盗み取る」「いたずらメッセージを表示する」「勝手に他人にウィルスメールを送る」「OSやソフトを破壊する」「パスワードを盗み取る」など、犯罪につながることもあります。

「ウィルス」は、メールの添付ファイルを開いたり、サイトにアクセスするだけで感染することもあるのです。

「スパイウェア」と「ウイルス」の違い!

「スパイウェア」「コンピュータに保存されている個人情報などを読み取り、ネット経由で流出させるプログラムのこと」です。

「ウイルス」「増殖してコンピュータに悪い影響を与えるプログラムのこと」です。

まとめ

今回は「スパイウェア」「ウイルス」の違いをお伝えしました。

「スパイウェアはパソコン内部で探る」「ウイルスは危害や悪影響が出る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典