スポンサーリンク

「スープ」と「味噌汁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スープ」と「味噌汁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スープ」「味噌汁」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スープ」とは?

「スープ」の意味と概要について紹介します。

「スープ」の意味

「スープ」とは「西洋発祥の汁料理で、肉や魚、野菜などを煮込んで、コンソメなどで味付けをした食べ物」です。

「スープ」の概要

「スープ」は、西洋発祥の料理で、肉や魚、野菜などをしっかりと煮込み、コンソメや塩、こしょう、クリームなどで味を整えた食べ物をいいます。

直接肉や野菜を煮込むことで「ブイヨン」と呼ばれる出汁が作られ、そこに味付けをするのです。

海外では「スープ」は家庭料理として親しまれ、肉が入るものはパンと合わせるメインディッシュとなることもあります。

ただし、フルコースでは具材のないスープが選ばれ、オードブルとして食事の最初に出てくることもあります。

「味噌汁」とは?

「味噌汁」の意味と概要について紹介します。

「味噌汁」の意味

「味噌汁」「みそしる」と読みます。

意味は「日本発祥の汁料理で、出汁を取ってから具材を煮込み、味噌を入れて作る食べ物」です。

「味噌汁」の概要

「味噌汁」は、日本独特の作り方をする汁物です。

最初にかつおぶしや昆布、煮干しなどで出汁を取ります。

この作業により、汁に独特のうまみが加えられます。

次に豆腐や野菜、海草類、魚貝類などを入れて煮込み、最後に味噌を加えて作ります。

「味噌汁」はご飯の付け合わせの一つで、メインディッシュでもオードブルでもありません。

また、最近では粉末や液体で簡単に取れる「インスタント出汁」も使われています。

「スープ」と「味噌汁」の違い!

「スープ」「西洋発祥の汁料理で、肉や魚、野菜などを煮込んで、コンソメなどで味付けをした食べ物」です。

「味噌汁」「日本発祥の汁料理で、出汁を取ってから具材を煮込み、味噌を入れて作る食べ物」です。

まとめ

今回は「スープ」「味噌汁」の違いをお伝えしました。

「スープはブイヨンコンソメ」「味噌汁は出汁と味噌」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典