スポンサーリンク

「セウト」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セウト」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、セウトの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

セウトとは?意味

セウトとは、問題がないを(セーフ)といい、問題あり(アウト)と言いますが、この言葉を掛け合わせた言葉がセウトと言います。

目の前で起きたことが微妙だなと感じるとき、「セウト」と言って突っ込みを入れるときに使います。

また、判断しがたいと感じる曖昧な状況であるときにも「セウト」と言い、その気持ちを表現するネットスラング言葉です。

セウトの概要

その描写の表現方法は大丈夫かと思いますが、ギリギリセーフではないかと判断するときセウトと言います。

この言葉が使われる場面としては、お色気要素が強いと感じる画像やイラスト、動画を見たときに感じる人の感情を表現する言葉です。

アニメや映画、ドラマ、小説を読んだときに最初は軽い性的描写であったからセーフでしたが、しだいにその表現が過激になっていけばアウトとなり、セウトと表現します。

削除基準に当てはまる言葉の表現や、イラストの描き方がどうもR-18だろうと思うのに、女性のおっぱいを描くのは正義であるからその場面が削除しなくてもいいのかと判断しがたいときに「セーフなのか、それともアウトなのか」と思うときはセウトです。

このようにセウトな作品を連載し続けている原因は、運営者側が普段から調査していないために見落としているケースが見られます。

セウトの言葉の使い方や使われ方

視聴者がその性的な場面を見て、困惑したときに使える言葉です。

使い方としては、削除対象となるコンテンツを見つけたときに「セウト」と使います。

性的な描写の激しい場面であれば、すぐに即刻削除されるべきであるのに、そのまま連載しているときに「この場面はアウトだ」となります。

最初は「安全だ」「問題ない」と思っていても、よく見れば「安全ではない」「問題がある」と思うとき、「判断のギリギリ感」を強調するときに使える言葉なのです。

この言葉は、普段使いよりも、性描写が描かれているイラストや小説などに使われている言葉でもあります。

セウトを使った例文(使用例)

・ダイエット中だが、カロリーが低い豆乳ドリンクならギリセウトだろう。

・犬に噛まれて痛いが、血が出ないからギリギリセウトだ。

・舞台俳優の台詞が見る人をドキッとさせるけど、あのくらいはセウトだろう。

痩せるためにダイエットはしていますが、時折甘いドリンクが飲みたくなります。

そんなときにカロリーが低い豆乳ドリンクであればいいだろうと自分を正当化させるときにセウトと使うといいでしょう。

また、犬に噛まれましたが、血が出なければ自分で治療すれば医者に行かなくても治るだろうと思えばセーフとなり、セウトになります。

舞台俳優の台詞が大丈夫かなと思うような言葉を聞いたとき、できれば言わないで欲しいと思った人がその気持ちを伝えるときに使います。

まとめ

アウトのようだけど、セーフと思う場面や作品を見かけたときセウトと言います。

使用度頻度が低いこの言葉は、性的描写がある作品に使われる言葉です。

イラストやアニメ動画だけではなく、フィギュアの服装が大胆すぎて大丈夫かな、問題があるなと思う状態のときに使えるこの言葉は、きわどいと思う状態と状況に使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典