スポンサーリンク

「セカンドハウス」と「別荘」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セカンドハウス」と「別荘」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セカンドハウス」「別荘」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セカンドハウス」とは?

「セカンドハウス」とは、別荘、別宅のことです。

「セカンド」には、第2のもの、2番目という意味があります。

「ハウス」は、家、住宅を意味します。

つまり、「セカンドハウス」は、第2の家ということです。

「別宅」とは、普段住んでいる家とは別に構えた家を意味します。

リゾートなどの休暇を過ごすために家のことだけでなく、郊外に住む人が通勤に便利なように都心に借りたり、購入したりした家のことを「セカンドハウス」ともいいます。

「別荘」とは?

「別荘」は、普段住んでいる家とは別に、避暑や休養のために風景や気候のよい土地に作られた家のことです。

別荘地として人気のある土地は、軽井沢、八ヶ岳、箱根、などです。

別荘は避暑や休養などで1年に数回しか訪れないことが珍しくないため、周辺に草が生い茂ってしまい、手入れが必要です。

「セカンドハウス」と「別荘」の違い

「セカンドハウス」は、別荘、別宅のことです。

避暑・休養などの目的で利用する家のことでもありますが、通勤に便利なように普段住んでいる家とは別に借りたり、購入したりした家のことを指しています。

そのため、月に1日以上は利用することになります。

「別荘」は、避暑や休養のための家です。

「別荘」の利用は年に数回です。

まとめ

「セカンドハウス」「別荘」は、どちらも普段利用している家とは別のものですが、利用目的が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典