スポンサーリンク

「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セミリタイア」「アーリーリタイア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セミリタイア」とは?

「セミリタイア」の意味と概要について紹介します。

「セミリタイア」の意味

「セミリタイア」とは「十分な資金を貯めて、定年退職前に仕事を辞め、自分の時間を大切にしながら片手間で収入を得ること」という意味です。

「セミリタイア」の概要

「セミリタイア」とは、老後暮らすのに十分な貯金や資産を貯めて、定年退職前に仕事を退職して、プライベートライフを楽しみながら、片手間に仕事して収入を得ながら暮らすことを言います。

実はこの言葉はスラングで、1990年代に大物芸能人が引退する時に使った言葉として注目されました。

稼ぎのある仕事を退職して、自由な生活を楽しみながら、片手間に仕事して少しの収入を得るのです。

収入が減る分は、それまで稼いで貯めたお金を切り崩していくことになります。

完全に引退するのではなく、何かしら社会とかかわりを持って生活するので、人とのつながりが途切れることはありません。

「アーリーリタイア」とは?

「アーリーリタイア」の意味と概要について紹介します。

「アーリーリタイア」の意味

「アーリーリタイア」とは、「定年前にメインの仕事を退職すること」という意味です。

「アーリーリタイア」の概要

「アーリーリタイア」は、定年前に、メインの仕事を退職することを言います。

自分で将来を考えて、「今辞めた方が自分らしく生きられる」と思い実行する人が多くなります。

基本的に「会社からの早期優遇退職制度」の条件に満たない人が、制度を利用せずに退職する時に使われます。

因みに、「早期優遇退職制度」を利用して退職する人は「早期リタイヤ」「希望退職」などと言います。

「アーリーリタイヤ」は退職後、完全に仕事を引退する「完全リタイヤ」と、貯金を使いながら片手間に仕事していく「セミリタイヤ」に分かれます。

「セミリタイア」と「アーリーリタイア」の違い!

「セミリタイア」「定年退職前に仕事を辞め、自分の時間を大切にしながら片手間で収入を得ること」です。

「アーリーリタイア」「定年前に会社の優遇制度を受けずに、メインの仕事を退職すること」です。

まとめ

今回は「セミリタイア」「アーリーリタイア」の違いをお伝えしました。

「セミリタイアは自由を楽しみながら仕事を続けること」「アーリーリタイアは定年前に退職すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典