スポンサーリンク

「セルフタンニング」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セルフタンニング」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セルフタンニング」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セルフタンニング」の意味

紫外線を浴びずに、まるで日焼けをした様な肌に見せるアイテム。

「セルフタンニング」の解説

「セルフタンニング」は、「紫外線を浴びずに、まるで日焼けをした様な肌に見せるアイテムのこと」です。

屋外や日焼けサロンに行くことなく、まるで日焼けしたかの様な小麦色の肌に仕上げます。

日焼けをしたいけれども紫外線が心配、という人に人気のあるアイテムで、保湿効果など美容成分が配合されているものもあります。

原料に「ジヒドロキシアセトン」という、皮膚を褐色に着色する成分が含まれていて、肌に塗ると数時間で変化して、長ければ1週間ほど色持ちします。

あくまで皮膚の表面にある角質層のみに作用するので、しばらくすると肌のターンオーバーと共に元の色に戻ります。

「セルフタンニング」の使われ方

「セルフタンニング」は、コスメ用語として使われることが多くなります。

「夏の旅行に向けてセルフタンニングしたい」「セルフタンニングで体型が引き締まって見える」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典