スポンサーリンク

「セールスポイント」と「自己pr」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セールスポイント」と「自己pr」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セールスポイント」「自己pr」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セールスポイント」とは?

「セールスポイント」には2つの意味があります。

一つは、商品を販売する際に、客に対して特に売り込みできる商品の特徴です。

ある飲食店では、500種類ものドリンクメニューを用意しています。

一般的な飲食店で、これほどまでのドリンクはそろえていないことでしょう。

他にはない特徴で、この店を売り込むために客に伝えられるポイントだといえます。

この場合は「豊富なドリンクメニューがセールスポイント」ということができます。

遊びながら学べる学習機器があります。

この製品は、人気キャラクターを起用しています。

学習機器は、コンテンツ数が少なく、すぐに遊び終わってしまうことが珍しくありませんが、この製品はコンテンツ数が多く、1年以上遊ぶことができます。

客に強調できる点は、人気キャラクターを起用していることと、長く遊べることです。

これらの特徴は「セールスポイント」といえます。

もう一つの意味は、相手に信用されたり、認められたりするための長所です。

主に人についていいます。

選挙に立候補した若い人がいたとします。

この人は、若さを長所に立候補しました。

この場合は「若さをセールスポイントに立候補する」ということができます。

「セールスポイント」の使い方

売り込むべき特徴といった意味で使用をします。

主に商品や人について使用されています。

「自己pr」とは?

自分をいかに売り込むか、よい点をアピールすることです。

就職活動の際に行われるものを指しています。

就職活動の際には、企業に自分のよいところを知ってもらうことが大切です。

魅力的な人だと思ってもらえることで、採用してもらえる可能性が高くなります。

面接や履歴書などでは、趣味や特技だけでなく、これまでどういったことをしてきたのか、何ができるのかなども伝えていきます。

これら伝える内容は、企業に自分を売り込むためのものです。

このとき、よい点を伝えて、悪い点は伝えません。

自分のよい点を企業に対して伝える行為が「自己pr」です。

「自己pr」の使い方

就職活動の際に使用される言葉です。

それ以外の場面では、自分を紹介するときに使用されます。

「セールスポイント」と「自己pr」の違い

どちらの言葉にも、「よい点」といった意味合いがありますが、同じ意味ではありません。

前者の言葉は、商品や人などの強調できる特徴という意味です。

特徴という意味で、説明するなどの行為を指しているのではありません。

後者の言葉は、自分のよい点を伝えることを意味しています。

人のことだけに使用します。

「セールスポイント」の例文

・『この玩具のセールスポイント』

「自己pr」の例文

・『自己prをはじめてください』

まとめ

よい点という意味合いを持つ2つの言葉ですが、使われる場面に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典