「ソフトウェア」と「ハードウェア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソフトウェア」と「ハードウェア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソフトウェア」「ハードウェア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソフトウェア」とは?

「ソフトウェア」の意味と概要について紹介します。

「ソフトウェア」の意味

「ソフトウェア」「コンピュータの内部で働くプログラムのこと」です。

「ソフトウェア」の概要

「ソフトウェア」は、コンピュータを動かして作業させる為のプログラムのことを言います。

「ソフトウェア」は、コンピュータ全般を制御する「OS(オペレーティングシステム)」と、実際に個々の作業を処理する「アプリケーションソフト」の2種類があります。

「OS」はパソコンやスマホなど、端末におけるシステムの基盤となるソフトウェアで、「アプリケーションソフト」「OS」の上に乗っかって実作業する時に使う「エクセル」「ワード」などのソフトウェアです。

「ソフトウェア」は目に見えるものではなく、人間の「神経・知識」に該当するもので、プログラミング言語で記述されて、変換されてシステムに組み込まれます。

「ハードウェア」とは?

「ハードウェア」の意味と概要について紹介します。

「ハードウェア」の意味

「ハードウェア」は、「コンピュータにおいて、目に見えるものの総称のこと」です。

「ハードウェア」の概要

「ハードウェア」は、コンピュータに関して形があり、目に見えるもののことを言います。

具体的には「ハードディスク、モニター、マウス、キーボ―ド」などで、プリンタも含む人もいます。

人に例えると内臓や手足など身体全体ですが、神経や知識がないので、それだけでは働けません。

つまり、「ハードウェア」「ソフトウェア」が入り、初めて稼働するのです。

「ソフトウェア」と「ハードウェア」の違い!

「ソフトウェア」「コンピュータの内部で働くプログラムのこと」です。

「ハードウェア」は「コンピュータにおいて、目に見えるものの総称のこと」です。

まとめ

今回は「ソフトウェア」「ハードウェア」の違いをお伝えしました。

「ソフトウェアはプログラム」「ハードウェアは機器」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典