スポンサーリンク

「ソースは俺」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソースは俺」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソースは俺」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ソースは俺」とは?意味

「ソースは俺」とは、情報の出所ことをソースと呼び、その情報の出所が自分であることを指すのが、「ソースは俺」という言葉です。

この言葉は、2006年ごろから使われだした、2ちゃんねるで見かける文章表現法ですが、実はそれ以前から使用されていた形跡もある言葉で、「ソース」という部分を情報であるといち早く定義づけたのも実は2ちゃんねるのような匿名掲示板であるため、探せば「ソースは俺」という言葉は2006年よりも以前にあると言われています。

「ソースは俺」の概要

「ソース」という言葉を、調味料という意味のソースではなく、情報であるとしている点が2ちゃんねるという匿名掲示板で生まれた言葉であると言われているゆえんがこの、「ソースは俺」という言葉です。

この言葉には、派生型も多く存在しており、「ソースは俺の親」「俺の兄」などの他、「地元の先生」に、「職場の同僚」など様々なものが情報源の根源であるとされています。

つまりは、お話に信ぴょう性を持たせるうえで、誰が情報の出所であるかという部分を補うのが「ソースは俺」であるということです。

「ソースは俺」の言葉の使い方や使われ方

「ソースは俺」という言葉の使用例ですが、お話に信ぴょう性を持たせる場合、情報の出所をだれとするかですが、この言葉を使用すれば、自分が情報の出所だと言い切れます。

つまり、お話に信ぴょう性を持たせるために使用するのが「ソースは俺」で実は、情報の出所である、「ソース」は、別に自分自身でなくとも信ぴょう性を持たせることができますのであくまで自分がその情報の出所であると言い切りたい場合、使用するのが望ましいです。

「ソースは俺」の類語や言いかえ

「ソースは俺」の類語ですが、「情報の出所は俺」が類語に当たり、言いかえも同様です。

また、「ソースは俺の兄」「俺の妹」など家族が情報の出所であるという言いかえや類語も存在していますので情報の発信元を変えればいくらでも類語や言いかえ言葉を作り出すことができるのです。

例えば、「ソースは俺が働いている会社の上司」であれば自己が働いている会社の上司が俺という存在の情報の根源であるとすることができ、自分が情報の発信源ではありませんが、自分とかかわりがあるものが情報の発信源であると言い切れます。

まとめ

「ソースは俺」という言葉ですが、2ちゃんねるらしい、「ソース」という言葉を調味料のソースではなく、情報という言葉に置き換えて情報の発信源は自分であるとしているのがこの言葉の特徴です。

自分が情報の発信源であると言い切るのは、日本においては多くの事例が存在しており、お話に信ぴょう性を持たせるうえで情報の出所をはっきりさせたいという考え方も日本特有の考え方であるため、この言葉が生まれるのはある意味で必然であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典