「タイツ」と「ストッキング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タイツ」と「ストッキング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タイツ」「ストッキング」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タイツ」とは?

「タイツ」の意味と概要について紹介します。

「タイツ」の意味

「タイツ」とは、「腰の部分からつながり脚全体をカバーする女性用の靴下で、防寒効果があるもの」のことです。

「タイツ」の概要

「タイツ」は、ナイロンでできた女性用の靴下で、30デニール以上のものを言います。

「デニール」とは生地の厚さのことで、しかりと防寒をしたい場合は100デニール以上は必要です。

「ストッキング」よりも厚手で、秋から冬にかけて防寒アイテムとして使用することが多くなります。

カジュアルな場面からビジネスまで、特に制限がないので幅広く着用できます。

色は、「タイツ」であることを強調する様に、黒や紺を始め、カラータイツと呼ばれるものもあります。

「ストッキング」とは?

「ストッキング」の意味と概要について紹介します。

「ストッキング」の意味

「ストッキング」は、「女性向けの薄手の靴下で、脚を美しく見せる効果があるもの」のことです。

「ストッキング」の概要

「ストッキング」も、ナイロンでできた女性用の靴下ですが、30デニール以下の透けているものを言います。

主に、女性が脚をキレイに見せたい時や、ビジネス・冠婚葬祭などで、素足がふさわしくない場面などに使われます。

なるべく肌の色に近いベージュ系や、礼服に合う様に黒などをはくのが一般的です。

「ストッキング」を着用すると、脚がスッキリと見えるだけではなく、素足で靴がベとついたり、汗による湿気で洋服が傷むのが防げるという効果もあるのです。

また、長さは腰からつながった「パンスト」と、膝上、膝下など様々です。

「タイツ」と「ストッキング」の違い!

「タイツ」「腰の部分からつながり脚全体をカバーする女性用の靴下で、防寒効果があるもの」です。

「ストッキング」「女性向けの薄手の靴下で、脚を美しく見せる効果があるもの」です。

まとめ

今回は「タイツ」「ストッキング」の違いをお伝えしました。

「タイツは防寒効果」「ストッキングは美脚効果」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典