スポンサーリンク

「タイトなスケジュール」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タイトなスケジュール」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タイトなスケジュール」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タイトなスケジュール」とは?意味

「タイトなスケジュール」とは、1990年代に使用されたタイトという言葉とスケジュールを組み合わせた言葉です。

「タイト」は、キツキツで余裕がない様を示し、「スケジュール」は予定表のことを指します。

この二つの言葉を組み合わせたのが、「タイトなスケジュール」という言葉で、キツキツのスケジュールのことを指します。

「タイトなスケジュール」の概要

「タイト」という言葉自体は、実は、1980年代後半のバブル期から存在しており、当時は余裕がないことではなく、ぴっちりとした服装のことを指す言葉として使用されていました。

「タイトなスケジュール」という言葉自体も1980年後半であると言われており、当時、忙しさのあまりに余裕がないことを「タイトなスケジュール」と呼んでいたと言われています。

「タイトなスケジュール」の言葉の使い方や使われ方

「タイトなスケジュール」は、どう考えても余裕がない予定表という意味で使用します。

使われ方は、第3者が予定表を見て、余裕がないと思えば、「タイトなスケジュール」と呼ぶことで第3者が使用するのがこの言葉で、自分からは、「タイトなスケジュール」と自らのスケジュールについて余裕がないということはありません。

何故なら、自分でスケジュールを管理する場合、自らしんどい思いをする予定表を建てることはありません。

つまり、「タイトなスケジュール」とは、第3者に自らの予定表を作成してもらうことで起きる現象です。

「タイトなスケジュール」を使った例文

・『夜の11まで予定が詰まっているのは、タイトなスケジュール過ぎない?』
この例は、予定表が夜の11までお仕事で埋まっているのは、あまりにも余裕がない予定表ではないかという例になります。

ただ、この問題、第3者に自己の予定表を作成してもらうが故、このような予定表となるわけで、自分で予定を建てればこのような問題は解決できる可能性が高いです。

・『タイトなスケジュールにもかかわらず、お給料は他の社員と同じだ』
この例は、きつい予定表で働いているにもかかわらず、給料は他の社員と同じで不公平であることを訴えています。

逆を返せば、他の社員は役に立たないが故、一人で仕事をこなしているようにも見えます。

まとめ

「タイトなスケジュール」は、言ってしまえば、無茶な予定表を建てることを指し、1990年代の場合はお金儲けに走ると無茶をせざるを得ない予定を立てることで、現在のように社員一人に業務を丸投げするような意味で使用されていた言葉ではないです。

現在においては、「タイトなスケジュール」は、社員一人だけに仕事を押し付けることを意味することもあり、時代が変化することでブラック企業といえるような企業も登場し、このようなどう考えても無茶だと言える予定表のことを指す、「タイトなスケジュール」という意味へ変化したのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典