スポンサーリンク

「タイミングを見計らう」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タイミングを見計らう」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タイミングを見計らう」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タイミングを見計らう」の意味

タイミングを見計らうというのはちょうど良いタイミングはどのような時か慎重に考えるという時に使う言葉になります。

「タイミングを見計らう」の解説

タイミングを見計らうという言葉はいくら自分で今このタイミングで何かをした方が良いと思っていても自分だけの事情で決める事ができない時にちょうど良いタイミングを見極める時に使う言葉です。

つまり、自分以外の人が今どういう状況であるかとか、どういう心境であるかも慎重に考慮してちょうど良いタイミングはいつになるか相手の様子を伺ってから行動に移す時を決めるといった感じになります。

それは誰かに何かをして欲しいと思っている時には特にそのタイミングが重要で言うタイミングを間違ってしまうと思ったような結果を得られないという事もあるからです。

そのタイミングは話そうとしている相手が何かをして忙しそうにしている時は避けるのは当然として、相手が必ずしも忙しそうにしていなくても注意しないといけない時もあります。

それは相手の表情を見て決めたり機嫌が良いか悪いかといったものを見る事です。

その点を慎重に見極めるのもタイミングを見計らうというものに含まれます。

「タイミングを見計らう」の使われ方

タイミングを見計らうという言葉の使われ方ですが、誰かに何か重要な事を話す必要がある時に使う事になります。

わざわざ相手の様子を見てこのタイミングなら言っても良いと思われる時を慎重に見極めようとする時に使うので、これを使う時はとても大事な事を相手に伝えないといけないタイミングであるのは想像に難くないです。

特にその大事な内容を伝えた時に相手を怒らせてしまう可能性がある時は慎重にそのタイミングを見極めないといけないのでこのような時に使われる事になるのがタイミングを見計らうという言葉となります。

「タイミングを見計らう」の例文

・『これを話せば怒らせる事になるかもしれないから慎重にタイミングを見計らう必要がある』

・『今はなんだかあまり機嫌が良くなさそうだから話すタイミングを見計らうようにした方が良いのでは?』

・『これだけは絶対に失敗は許されないからしっかりタイミングを見計らうのが賢明だ』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典