「タキシード」と「燕尾服」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タキシード」と「燕尾服」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タキシード」「燕尾服」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タキシード」とは?

「タキシード」の意味と概要について紹介します。

「タキシード」の意味

「タキシード」は、「男性の夜間向け礼服で、燕尾服に準じるもののこと」です。

「タキシード」の概要

タキシードは、英語で“tuxedo”と書き、男子の夜間向けの礼服のことを言います。

「燕尾服」に準じるものとして使われ、略式礼服となります。

英国では「ディナー・ジャケット」、フランスなどでは「スモーキング」と呼ばれています。

由来は、ニューヨークのタキシード公園のスタッフが、制服として着用していたことからきています。

特徴は、切れ目のない襟と、ボウタイと呼ばれる蝶ネクタイ、ひだのあるシャツに、カマーバンドがあります。

また、光沢のある生地で、いかにも夜会風です。

現在では結婚式に新郎が着用する衣装として知られています。

「燕尾服」とは?

「燕尾服」の意味と概要について紹介します。

「燕尾服」の意味

「燕尾服」「えんびふく」と読みます。

意味は「男性の正式礼装、上着の後ろ裾が長く、先がツバメの尾の様に2つに分かれている」になります。

「燕尾服」の概要

「燕尾服」は、男性の正式礼装になります。

特徴は何と言ってもジャケットの後ろの裾が長くて、ツバメの尾の様に2つに分かれている点です。

英語では“swallow tailed coat”と呼ばれ、それがそのまま日本語化しました。

「タキシード」は、「燕尾服」を着た後にタバコを吸うに着替えたジャケットと言われています。

現在ではオケの指揮者や、栄誉ある賞の受賞者などが着用しています。

「タキシード」と「燕尾服」の違い!

「タキシード」「男性の夜間向け礼服で、燕尾服に準じるもののこと」です。

「燕尾服」「男性の正式礼装、上着の後ろ裾が長く2つに分かれているもののこと」です。

まとめ

今回は「タキシード」「燕尾服」の違いをお伝えしました。

「タキシードは裾が真っ直ぐ」「燕尾服は裾が長くて2つに分かれている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典