「タコ焼き」と「お好み焼き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タコ焼き」と「お好み焼き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タコ焼き」「お好み焼き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タコ焼き」とは?

「タコ焼き」の意味と概要について紹介します。

「タコ焼き」の意味

「タコ焼き」「たこやき」と読みます。

意味は、「小麦粉に水と粉末ダシなどを加え、具にタコと紅ショウガ、ネギを入れて、専用の器具で小さく丸く焼いた食べ物のこと」です。

「タコ焼き」の概要

「タコ焼き」は、小麦粉に水と粉末ダシなどを加え、5センチほどの半円の穴が複数開いた専用の器具の流し込んで焼き、具にタコと紅ショウガ、ネギなどを入れてひっくり返し、丸く焼き上げた食べ物のことを言います。

関西地方の食べ物として知られていましたが、最近では関東でも食べられる様になりました。

出来上がりは直径5センチ前後に丸いボール場で、ソースやかつお節などをかけて食べます。

気軽に食べられることから屋台で売られていることが多くなります。

「お好み焼き」とは?

「お好み焼き」の意味と概要について紹介します。

「お好み焼き」の意味

「お好み焼き」「おこのみやき」と読みます。

意味は、「小麦粉に水と粉末ダシなどを加え、鉄板に丸く伸ばし、具にキャベツや豚肉、卵などを乗せて平たく焼き上げた食べ物のこと」です。

「お好み焼き」の概要

「お好み焼き」は、小麦粉に粉末ダシなどを加え、鉄板に直径20センチほど大きさで丸く伸ばして、上にキャベツや豚肉、卵などの具材を乗せて、ひっくり返して焼き上げた食べ物のことを言います。

焼き上がりは円盤状で、具材に特に決まりがなく、好みのものを乗せて食べられることから「お好み焼き」とよばれています。

こちらも関西で食べられていたものですが、最近では関東でも食べられています。

「タコ焼き」と「お好み焼き」の違い!

「タコ焼き」「小麦粉を水で溶き、具材にタコなどを入れて丸く焼いた食べ物」です。

「お好み焼き」「小麦粉を水で溶き、具材にキャベツなどを乗せて、円盤状に焼いた食べ物」です。

まとめ

今回は「タコ焼き」「お好み焼き」の違いをお伝えしました。

「タコ焼きはタコが入っていて丸い」「お好み焼きは具材が豊富で円盤状」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典