スポンサーリンク

「ターニングポイント」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ターニングポイント」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ターニングポイント」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ターニングポイント」とは?意味

「ターニングポイント」は英語の「turning poin」から来ているカタカナ語で、「変わり目や、転機や、分岐点」を意味する言葉です。

「ターニングポイント」の概要

「ターニングポイント」「変わり目や、転機や、分岐点」の意味であり、これは何かのものごとに対しても、人生に対しても、使われる言葉です。

また、一般的には後になって、『あれがターニングポイントだった』と振り返る時に使われることが多ですが、『これをターニングポイントにしたい』と将来に向けて、期待を込めて使われることも少なくありません。

言葉の意味からは少し外れますが、この「ターニングポイント」について、少し掘り下げて考えてみたいと思います。

「ターニングポイント」は、自分ではどうしようもない外部要因により生じる事もありますが、自分でつかみ取ることが可能な場合もあります。

前者は自然災害や思いがけない事故等が要因となり、悪い方向への「転機」となるケースが多く、後者の場合は良い方向への「転機」の場合に言えることです。

特に人生を好転させる「ターニングポイント」は、意識することでつかみ取るチャンスが増えるものです。

そのポイントについて説明します。

まずポイントとの1つは、常にどうなりたいのか、どう変化したいのかを自分に問い続けることです。

この想いで外部に働きかけることで、外部の変化が起きやすくなるのです。

次に大切なポイントが、小さな変化やその芽を見逃さないことです。

これも先のポイントと同様に、自分に強い想いがあれば小さな変化にも気付き、「ターニングポイント」をつかみ易くなるのです。

さらに3つ目としては、チャンスの芽だと感じたら、とにかく飛び込んでやって見ることが大切です。

「ターニングポイント」になり得るチャンスも、行動しなければ変化は起こらないからです。

こうした3つのポイントは、人生の大きな「ターニングポイント」をつかみ取る場合も、仕事の成功に向けてのちょっとした「ターニングポイント」をつかみ取る場合にも言えることです。

「ターニングポイント」の言葉の使い方や使われ方

「ターニングポイント」の言葉は以下の例文のように使われます。

・『難航していたプロジェクトが成功できたターニングポイントは、彼のちょっとしたアイディアでした。』

・『人生のターニングポイントは、あの上司と巡り会えたことでした。』

「ターニングポイント」の類語や言い換え

「ターニングポイント」はカタカナ語であり、もととなった英語の直訳を言い換えとすることが出来ます。

すなわち、「変わり目」「転機」「分岐点」「転換点」と言い換えることが可能です。

まとめ

「ターニングポイント」は英語の「turning poin」から来ているカタカナ語で、「変わり目や、転機や、分岐点」を意味する言葉です。

この言葉は、過去を振り返って使われることが多ですが、将来に向けて期待を込めて使われることも少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典