スポンサーリンク

「ダイマ」と「ステマ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダイマ」と「ステマ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダイマ」「ステマ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダイマ」とは?

「ダイマ」とは「ダイレクトマーケティング」の略です。

もともとは「企業が直接顧客と繋がってアピールし、顧客の反応のデータを取るマーケティング手法」という意味の言葉でした。

しかし最近では「ステマ」と対比して「広告であることを隠さず、堂々と宣伝する」という場合に用いられています。

「ステマ」とは?

「ステマ」とは「ステルスマーケティング」の略です。

宣伝であることを隠して宣伝する行為のことを「ステマ」と呼びます。

具体的には、一般消費者を装って商品レビューを書き、宣伝活動をするなどの例が挙げられます。

「ダイマ」と「ステマ」の違い

「ダイマ」「ステマ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ダイマ」「ステマ」「宣伝行為」の一種です。

しかし、「ダイマ」が宣伝であることを隠さず行われるのに対し、「ステマ」は宣伝であることを隠して行われます。

消費者を装って書かれた「ステマ」のレビューは公正でなく、企業や業者の意図が多く含まれます。

「ダイマ」に問題はありませんが、「ステマ」は景品表示法に抵触する可能性があるとされています。

まとめ

「ダイマ」は広告であることを隠さずに宣伝することです。

「ステマ」は広告であることを隠しながら宣伝することです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典