スポンサーリンク

「ダッシュボード」と「レポート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダッシュボード」と「レポート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダッシュボード」「レポート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダッシュボード」とは?

「ダッシュボード」は、数字データを数値としてみるのではなく、より分かりやすいグラフなどに変更し、データをわかりやすくするデータの表示法です。

「ダッシュボード」の利点は、数字データを視覚化することにあり、売り上げデータなどを折れ線グラフや表グラフなどに置き換え分かりやすくすることにありますが、反面、不得意とする分野もあり、一つのデータだけに照準を合わせ、データを処理することは不得意です。

つまり、特定のデータだけを取り出してデータを整理し、整理したものをグラフ化することはできないということになります。

「ダッシュボード」の使い方

「ダッシュボード」は、複数の数字データの一部分を取り出し、複数のデータグラフを制作するために使用します。

データグラフとは、数字のデータをより見やすくしたデータで視覚的にその数字がどうであるかを判断するためのグラフです。

「レポート」とは?

「レポート」は、数字データに条件を付けて検索することを主としたデータの表示法です。

簡単に言えば、売り上げデータを検索し、それらを綺麗にわかるよう並びかけるなど条件を付与することができる表示法を「レポート」と呼びます。

「レポート」の利点は、数字の抜出にあり、特定条件下で検索し、それら条件に適合した数字データを抜き出すことにあり、情報処理です。

「レポート」の使い方

「レポート」は、条件を付けて検索することで臨むデータを取り出すことにあります。

つまり、使い方においては、「レポート」とは売り上げデータ数や販売台数などの条件を付けて、それらを売り上げが良い数字準や悪い順に並べて表示するなど、数字がどう変化するかという条件を付けることで知りたいデータを抽出する目的で使用するのが「レポート」です。

「ダッシュボード」と「レポート」の違い

「ダッシュボード」「レポート」の違いは、パソコンなどの端末に数字データを記載した際、それらデータを数字のまま利用してデータとして視覚的に見るか、あえて、肉眼で見た際比較しやすいように持っていくことができる様々なグラフにするかという違いです。

まとめ

「ダッシュボード」「レポート」の違いは、数字データをフィルターにかけてある部分だけ抽出して結果を見るか、数字データを比較し、グラフ化して比べるために使用するかという違いにあり、両者はともに、データの表示法の一つにしかすぎません。

ですが、視覚的に数字データを見ることができる「ダッシュボード」は、売り上げデータを比較する際に役に立ち、「レポート」は条件を複雑につけることでもっと不覚に数字で情報を導き出しますので両者を組み合わせて様々な経営戦略を練る際のデータとしますので両者は必要なデータの表示法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典