スポンサーリンク

「ダンスドリル」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダンスドリル」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダンスドリル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダンスドリル」とは?意味

「ダンスドリル」は、集団が繰り返し同じ行動をとることで成立するダンスです。

元々は、アメリカが発祥で現在では集団行動を主とすることからアメリカでは集団行動の自発的な訓練になることから事業の一環として取り入れられています。

集団で行うチアダンスと「ダンスドリル」は異なるのかという問題ですが、チアダンスは、アクロバティックな演技を主としており、繰り返して同じ行動を共にすることは評価されておらず、アクロバティックな演技を行うものは全員でなくともよいという定義があり、「ダンスドリル」はすべての人物が同じ行動でなければならないという定義が存在します。

「ダンスドリル」の概要

「ダンスドリル」が普及した理由ですが、アメリカでは集団行動の練習になることで高校などの授業の一環で集団行動の練習目的で取り入れられています。

一方で日本では、「ダンスドリル」が持つ集団で行動すると医理念をスポーツの一部であると解釈し、競技化したものが日本の「ダンスドリル」でジャズダンスの他、MILITARYといった軍隊のように統率が取れたダンスへと昇華することで「ダンスドリル」を単なる授業の一環で団体生活を訓練するためのものだけではなく、一つのスポーツの一種として昇華させたのが日本の「ダンスドリル」です。

「ダンスドリル」の言葉の使い方や使われ方

「ダンスドリル」という言葉は、一つの競技を示すための言葉であるが故、「ダンスドリル」を実際に行っている人物以外はあまり使用する言葉ではなくチアダンスよりもマイナーでおそらく知られている言葉ではないです。

ただ、集団で演じることを「ダンスドリル」と呼びますのでいずれ「ダンスドリル」という言葉はチアダンスのようにメジャーとなる可能性がありますが現在はまだその段階には至ってないです。

「ダンスドリル」の類語や言いかえ

「ダンスドリル」の類語や言いかえですが、同じ集団でダンスのように行動する物に、「集団行動」という物があり、こちらの言葉の方が「ダンスドリル」という言葉よりもメジャーであるが故、日本では、「ダンスドリル」のことを集団行動という法が多いです。

まとめ

「ダンスドリル」についてですが、この言葉は、中学生が行っている集団行動と言われる競技の一つですがまだまだメジャーではなく、マイナーです。

何故マイナーであるかですが、一つは集団で同じ行動をとることに主体性があり、代わり映えをしてはいけないということでアクロバティックな演技を主体とし、アクロバティックな演技も同じ演技をする必要性がないチアダンスと比べてしまうとマイナーに当たります。

その為、「ダンスドリル」という言葉自体を知らない人も多く、集団行動という言葉であれば知っている方も多いので日本ではまだメジャーとはなっていない踊りの一つでありますが、細かな項目に分かれ題目ごとに踊りを踊ることに関しては「ダンスドリル」は、れっきとした競技化されたスポーツの一つであると言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典