スポンサーリンク

「ダークヒーロー」と「アンチヒーロー」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダークヒーロー」と「アンチヒーロー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダークヒーロー」「アンチヒーロー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダークヒーロー」とは?

「ダークヒーロー」とは、闇の中で活躍する者として描かれるヒーローのことを指します。

バッドヒーローとも言うこのヒーローは心に闇を抱える悪党ですが、周囲の人から頼りにされている格好いい姿に描かれているところが特徴的です。

正義のために悪と戦うというよりも、多額の報酬を受け取り、戦うダークヒーローが多く、金のためなら人を殺め、私利私欲のためにも戦います。

しかし、いつの間にか敵に捕まっている人を助けたり、敵のボスを倒しているという結果になり、そこがこの「ダークヒーロー」が人から尊敬され、愛されるところでもあるのです。

人が危険な目に遭っているときに突如現れますし、バッサバサと次から次へと悪者を倒していくその凛々しい姿は格好いいと視聴者を強く惹きつけて離しません。

「アンチヒーロー」とは?

「アンチヒーロー」とは、反英雄でもあり、主役の脇役で活躍する主人公です。

優れた人格は持たず、問題を解決するのではなく、その反対のことをする者であります。

それなのに、主人公のヒーローと同じように扱われている者として描かれているのが特徴的。

最初から最後までおかしな行動や意味不明な行動を見せたり、裏切ることもあります。

しかし、作品の中で重要な位置を占める役割を担うヒーローでもあり、欠かせない者として描かれているのも特徴的です。

この「アンチヒーロー」は過去を引きずり、悲劇的なことにも遭って悲惨な姿を描き出すなど、気の毒な姿になるヒーローでもあります。

失敗してばかり、マヌケな姿に描かれるこのヒーローには明確な定義はありません。

癖の強い主人公のためになにかと走り回り、悪い目に遭うのが「アンチヒーロー」なのです。

「アンチヒーロー」と「ダークヒーロー」の違い

「アンチヒーロー」「ダークヒーロー」の違いを、分かりやすく解説します。

悪いヒーローでも主役として描かれ、活躍するのが「ダークヒーロー」で、準主役として活躍するのが「アンチヒーロー」という違いがあります。

「ダークヒーロー」の例文

・『ダークヒーローは自分が悪い立場になってもそれを貫き通す』

・『ストーリーの最初から最後までダークヒーローは悪役のままだ』

立場が悪くなっても、「ダークヒーロー」はそれでいいと自分が悪役のままで作品から消えていきます。

あくまでも悪役であることを忘れずに活躍するのです。

「アンチヒーロー」の例文

・『アンチヒーローのキャラは悪人ではないのが特徴です』

・『臆病な主人公と同じように臆病で頼りないのがアンチヒーローだ』

「アンチヒーロー」のキャラは根っからの悪人ではなく、どこか正義感を感じさせる活躍が見物です。

しかし、主人公が臆病であれば準主役も臆病に描かれていて、笑える要素を取り入れている作品ばかりです。

まとめ

活躍する姿は同じように描かれている「ダークヒーロー」「アンチヒーロー」ですが、ダークヒーローは格好いい姿に描かれています。

しかし、「アンチヒーロー」の場合は臆病であったり、笑える姿に描かれている違いがあります。

どちらも作品には欠かせない存在であり、いい味を出すキャラとなっているのが特徴的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典