スポンサーリンク

「チュニック」と「ブラウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チュニック」と「ブラウス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チュニック」「ブラウス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チュニック」とは?

「チュニック」には2つの意味があります。

ひとつは、丈が長めの上着のことです。

お尻が隠れるくらいの丈であることが一般的です。

腰よりも長い丈のものをいいますが、膝が隠れるほどの丈のものはこの名で呼びません。

何センチメートルなら「チュニック」と呼ぶのか定義はないです。

上着の一種なので、ワンピースのようにこれだけで着用することはなく、ズボンやレギンスなどを着用します。

主に女性が着用するもので、女性向けのデザインとなっています。

お尻を隠せるほどの丈があるため、体型を隠すために着用することもあります。

そのため、大きなサイズでの展開もされています。

体型を隠すためでなく、わざとだぼっとしたサイズを選んで着用することもあります。

もう一つの意味は、古代ローマで着用した、ゆったりとした衣服です。

この衣服は「トゥニカ」と呼ばれていました。

膝丈ほどのものが一般的です。

「チュニック」の使い方

丈の長い上着を指して使用する言葉です。

どの程度の長さなら「チュニック」と呼ぶのかはっきりとした定義はありませんが、腰よりも長く、膝よりも短いものを指すのが一般的です。

「ブラウス」とは?

シャツの一種です。

ワイシャツと似たような形をしている、ゆったりとしたデザインのものをいいます。

特に女性や子どもが着用するものを指します。

ボタンは左側に取り付けられ、穴は右側になります。

衿や袖のデザインはさまざまです。

衿の場合は、丸くなっているもの、角ばっているもの、刺繍がされているものなどがあります。

袖はふくらみを持たせたものや、そうでないものがあります。

素材もさまざまで、綿や絹などの天然素材、ポリエステルのような化繊などが使用されます。

柔らかな素材が使用されることが一般的です。

上着なのでズボンやスカートなどを着用します。

上着としては、これ1枚で着ることができます。

丈は腰のあたりまでです。

「ブラウス」の使い方

女性や子ども向けのシャツの一種を指して使用する言葉です。

「チュニック」と「ブラウス」の違い

形が似ている衣服ですが、同じものではありません。

まず、丈が違います。

長いのは「チュニック」の方で腰よりも長い丈をしています。

そして、ボタンの有無にも違いがあります。

「チュニック」はボタンがついていないものがありますが、「ブラウス」には前部分にボタンが取り付けられています。

「チュニック」の例文

・『チュニックを試着する』
・『チュニックを使ったコーディネート』
・『チュニックにレギンスを合わせる』
・『かわいいチュニック』

「ブラウス」の例文

・『ピンクのブラウス』
・『ブラウスにアイロンをかける』
・『ブラウスを購入する』
・『ブラウスを洗濯する』

まとめ

2つの言葉が指すものは似たような形をしている衣服ですが、それぞれ違うものを指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典