スポンサーリンク

「チューバ」と「ユーフォニアム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チューバ」と「ユーフォニアム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チューバ」「ユーフォニアム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チューバ」とは?

「チューバ」とは、「サイズが最も大きくて最も低い音域を出すことができる金管楽器で、オーケストラの音楽の土台を形成する音色を出す楽器」のことです。

「チューバ」は名前としては古代ローマ、実際の近代的金管楽器としては19世紀から存在している古い楽器で、バルブ(弁)にピストン式とロータリー式の種類があります。

「ユーフォニアム」とは?

「ユーフォニアム」とは、「幾重かに巻かれた円錐管と通常は4つのバルブを持つBb管の金管楽器」「テナー・テナーバスのトロンボーンと同じ音域」を出すことができます。

「ユーフォニアム」は、チューバよりも楽器としての歴史が浅いため、「オーケストラよりも吹奏楽・金管バンドで使われることが多い」という特徴を持っています。

「チューバ」と「ユーフォニアム」の違い!

「チューバ」「ユーフォニアム」の違いを、分かりやすく解説します。

「チューバ」「ユーフォニアム」はどちらも「Bb管の金管楽器」ですが、「チューバ」のほうが「ユーフォニアムよりも楽器としてのサイズが大きくて音域が低い」という違いを指摘できます。

「チューバ」はオーケストラなどの音楽の土台部分を形成する金管楽器で主に「伴奏」で使われることが多いのですが、「ユーフォニアム」のほうは「オーケストラではほとんど使われない・メロディーやソロ演奏で使われる・バルブ数が4個である(チューバは3~7個)」といった違いもあります。

また「チューバ」「ユーフォニアム」よりも長い歴史のある楽器で、19世紀から現在のチューバと同じ金管楽器が使われています。

まとめ

「チューバ」「ユーフォニアム」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「チューバ」とは「サイズが最も大きくて最も低い音域を出すことができる金管楽器で音楽の土台を形成するもの」を意味していて、「ユーフォニアム」「何重かに巻かれた円錐管と通常4つのバルブを持つBb管の金管楽器でトロンボーンと同じ音域が出るもの」を意味している違いがあります。

「チューバ」「ユーフォニアム」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典