スポンサーリンク

「チョロすぎ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チョロすぎ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チョロすぎ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チョロすぎ」の意味

簡単すぎる様子。

「チョロすぎ」の解説

「チョロすぎ」は、「簡単すぎる様子」という意味です。

あまりに簡単ですぐに出来ると確信できることを表します。

「チョロ」「ちょろい」の略で、「非常に簡単なこと」「考え方、やり方が安易なこと」「手ぬるいこと」という意味、「すぎ」「過ぎる」の略で「甚だしく~である」という意味です。

恋愛では「チョロすぎ」は、「簡単に落とせること」という意味になります。

「チョロい」の語源は幾つかあり、最も知られているのが、ネズミなど小動物が「ちょろちょろ」と動きまわる様子から作られた擬態語という説です。

また、「ちょろ」「女郎を乗せた、手漕ぎの小舟のこと」から来ているという説もあります。

小さくて素早く動く「ちょろ舟」を負かすことを「ちょろ負かす」と言い、「機敏でちゃっかりしている」という意味で使われています。

ここから、「素早く簡単にごまかせる」と言う意味で「チョロい」と使われる様になりました。

「チョロすぎ」の使われ方

「チョロすぎ」は、自分から見て「簡単すぎる様子」に使われます。

「今回の数学の試験チョロすぎ」「男なんてチョロすぎ」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典