スポンサーリンク

「ツキノワグマ」と「ヒグマ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ツキノワグマ」と「ヒグマ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ツキノワグマ」「ヒグマ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ツキノワグマ」とは?

「ツキノワグマ」の意味と概要について紹介します。

「ツキノワグマ」の意味

「ツキノワグマ」は、「体長1. 5メートルほどで、胸に白い半月型の模様があるクマのこと」です。

「ツキノワグマ」の概要

「ツキノワグマ」は、南アジアからロシア、日本に生息しているクマです。

全長1. 5メートルほどで、名前の由来は胸元月の輪の様な半月型の模様があるからです。

「ツキノワグマ」には幾つかの種類があり、日本に生息しているものは正しくは「ニホンツキノワグマ」と言います。

「ニホンツキノワグマ」は、本州と四国で確認されていて、北海道には生息しておらず、「ヒグマ」と共生することはありません。

「ニホンツキノワグマ」は、比較的小柄で、オスよりもメスの方が更に小さくなりますが、木登りが得意で凶暴性はありますので注意が必要です。

「ヒグマ」とは?

「ヒグマ」の意味と概要について紹介します。

「ヒグマ」の意味

「ヒグマ」は、「日本では北海道に生息している、体長2メートルを超える大型のクマのこと」です。

「ヒグマ」の概要

「ヒグマ」は、ヨーロッパからアジア、アメリカ体力まで広く生息しています。

幾つかの種類がありますが、日本に生息しているものは正しくは「エゾヒグマ」といい、名前通り北海道で見られます。

「ヒグマ」はとにかく大きく、オスは体長2メートルを超え、体重も250キロほどあります。

草原に住んでいる為に、木登りは得意ではありません。

日本に生息する陸上哺乳類の中で最も大きく、人を捕食の対象としている為に、北海道では度々人が襲われています。

「ツキノワグマ」と「ヒグマ」の違い!

「ツキノワグマ」「本州に生息している、胸に白い半月型の模様があるクマのこと」です。

「ヒグマ」「北海道に生息している、体長2メートルを超える大型のクマのこと」です。

まとめ

今回は「ツキノワグマ」「ヒグマ」の違いをお伝えしました。

「ツキノワグマは白い月の輪の模様があり小型」「ヒグマは北海道に生息していてとにかく大きい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典