「ティッシュ」と「トイレットペーパー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ティッシュ」と「トイレットペーパー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ティッシュ」「トイレットペーパー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ティッシュ」とは?

「ティッシュ」の意味と概要について紹介します。

「ティッシュ」の意味

「ティッシュ」は、「水を含んでも破れにくいい加工を施した、やわらかい生活用紙のこと」です。

「ティッシュ」の概要

「ティッシュ」「ティッシュペーパー」とも呼ばれ、鼻水などの水分を拭き取っても破れにくくする為に、水を含んでもほぐれにくい加工を施した、やわらかい生活用紙のことを言います。

原材料として繊維が長い針葉樹が使われることが多く、繊維が不安定な再生紙が使われることはありません。

また、紙を製造する時に使う特殊な「糊」を使い、繊維同士をより密着させて、水に濡れても破れにくい加工を施しています。

その為に、水分だけではなく汚れをふき取ったり、ゴミをくるんで捨てるなどの用途にも使えるのです。

「トイレットペーパー」とは?

「トイレットペーパー」の意味と概要について紹介します。

「トイレットペーパー」の意味

「トイレットペーパー」は、「トイレで使用する目的で作られた、水に溶けやすい性質で、ロール型になっている紙のこと」です。

「トイレットペーパー」の概要

「トイレットペーパー」は、トイレで使用する目的で作られた、やわらかくて水に溶けやすい性質の紙で、ロール型になっています。

原材料はパルプという、木材チップを溶かして繊維を取り出したものが使われています。

しっかりとしたパルプではなく、繊維が不安定な「再生紙」が使われることも多くなります。

「トイレットペーパー」は、水に溶けやすいのが特徴ですが、実際に溶けてしまうのではなく、水分を含むと紙の繊維がバラバラになり、細かくほぐれるのです。

「ティッシュ」と「トイレットペーパー」の違い!

「ティッシュ」「水を含んでも破れにくいい加工を施した、やわらかい生活用紙のこと」です。

「トイレットペーパー」「トイレで使用する目的で作られた、水に溶けやすい性質の紙」です。

まとめ

今回は「ティッシュ」「トイレットペーパー」の違いをお伝えしました。

「ティッシュは水に強い」「トイレットペーパーは水に弱い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典