スポンサーリンク

「ディテールにこだわる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディテールにこだわる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディテールにこだわる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ディテールにこだわる」とは?意味

まず、ディテールとはどのような意味なのでしょうか。

それは、細かな部分のことです。

木には幹があり枝葉に分かれていますが、幹部分が主軸となり、枝葉がディテールと考えると分かりやすいでしょう。

例えば樹を描くときを想像してみましょう。

幹と葉の緑部分だけを描くと分かりやすいものの幼稚な仕上がりになってしまいます。

そこで、細かな枝に葉の一枚一枚を描くとします。

すると仕上がりは見違えるほど立派になり、より樹らしく描くことができるわけです。

このように細かな部分を見逃さずに作業を行うことをディテールにこだわると言います。

「ディテールにこだわる」の概要

誕生日会を計画したとします。

「何月何日に行う誰の誕生日会なのか」が概要になりますが、「どのようなバースデーケーキにするか」「そのケーキをどこで買うか」「予算はどれくらいにするか」というような事柄がディテールに相当するわけです。

このディテールについて深く掘り下げることをディテールにこだわると言います。

ディテールにこだわるメリットは、計画自体がおざなりな企画になることなく、優れた企画に仕上がるために質の高さを評価してもらえる結果につながります。

「ディテールにこだわる」の言葉の使い方や使われ方

ディテールにこだわるためには、細やかな計画性や視点が必要になります。

そのような観点でいてほしいときには、次のように伝えましょう。

「家を建てる際、ディテールにこだわるためには施主の話によく耳を傾ける必要がある」
施主がどのような希望を持っているのか、住み始めてからどのような暮らしを思い描いているのかを知らずして、喜んでもらえるようなディテールにこだわることはできません。

こだわるのは本当に些細な事という意味ではありますが、決して見逃してはならない重要なこととして「ディテールにこだわる」と言います。

「ディテールにこだわる」の類語や言いかえ

ディテールに似た言葉には、細かなことを言い表すものが挙げられます。

詳細、細部などが一例です。

これをそのままディテールと入れ替えても通じます。

「細部にこだわる」
前述の家を建てる際の例文でも、「~細部にこだわるためには施主の話に~」となれば意味がとても似ていることがわかります。

細かなことを表す言葉に些末がありますが、この場合はニュアンスが異なってしまいます。

些末には重要ではない、取るに足らない様という意味が含まれているのでディテールと同様に使うと誤解が生じる可能性が高く、おすすめしません。

まとめ

日常会話に英単語を日本語として用いる場面がとても増えてきました。

動詞や名詞として使いますが、ニュアンスが的確でないと意図が相手に正しく伝わらないことが考えられます。

誤解が生じないようにするためにも、類語に置き換えて違和感があるか否かチェックすると安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典