スポンサーリンク

「ディレクター」と「放送作家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディレクター」と「放送作家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディレクター」「放送作家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ディレクター」とは?

「ディレクター」は、テレビ番組であれば、テレビ番組の演出のみを考えて実行する立場の人間です。

その為、「ディレクター」は放送する番組自体を考えるお仕事ではありません。

「ディレクター」はあくまで演出家に徹するため、業界によって異なりますが、あくまで作られた作品に演出を入れるだけを仕事とします。

「放送作家」とは?

「放送作家」は、番組の企画から脚本までを担当します。

この時、「放送作家」は、自分勝手に番組を企画するのではなく、雇われている会社の意向をくみ取り番組の基盤を作り上げます。

そしてできた基盤を、「ディレクター」に渡すことで演出が施されるのです。

「ディレクター」と「放送作家」の違い

「ディレクター」「放送作家」の違いは、テレビ番組という業界であれば、「ディレクター」は演出のみを作り、番組自体の骨組みは作らないです。

骨組みを作るのは、「放送作家」なので両者の違いは、番組の骨組みを作るか、できた番組の骨組みに着色して演出を施すかになります。

「ディレクター」の例文

・『アシスタントディレクター』
『アシスタントディレクター』とは、小道具を用意したり、演じる役者さんに対していつ演技を始めるか、いつ演技を終えてカメラから消え去るかなど細かな番組構成においての演出を実行する立場にある人物です。

「ディレクター」と異なり、「ディレクター」の演出を実行する立場にあるため、言い方を悪く言えば、実は「ディレクター」という仕事の中では下っ端に当たります。

「放送作家」の例文

・『放送作家協会』
「放送作家協会」は任意の団体で、テレビ番組や映画などやラジオなどの脚本を担当する人物人との交流を目的とした団体です。

交流して様々なテレビ番組や映画などの当時の脚本づくりに関する証言を聞くことを主な活動内容にしている団体になります。

まとめ

「ディレクター」「放送作家」の違いは、番組の演出を行う人物に当たるか、番組自体の骨組みを作り脚本を担当するかです。

「放送作家」は、番組の骨組みを作りますので、放送局の移行に従い番組の骨組みを作ります。

一方、「ディレクター」は、あくまでそれらに添える演出のみを考えます。

そして作った演出を実行する立場にあるのが、『アシスタントディレクター」に当たり、ADは実は、「ディレクター」というお仕事の中においては一番の下っ端になるのです。

なお、「放送作家」は一番組に付き一人が担当ですが、「ディレクター」の場合、「フロアディレクター」の他、様々な現場の指揮官を含めると多数の「ディレクター」が番組作りの指揮に当たりますのでどの程度の人数の「ディレクター」が番組作りに関わっているかについては未知数です。

逆を返せば、多数の「ディレクター」が同時にお仕事をこなすことで番組が作られるわけですので「ディレクター」の存在は、番組を作るに際して重要なポジションでもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典