「デジャブ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「デジャブ」とは?

「デジャブ」という言葉は、元々、フランス語の“deja vu”から来ており、日本語で言い換えると、「既視感」という言葉になります。

「既に視た感じ」という訳になりますが、「実際は1度も体験したことがないのに、既にどこかで体験したことがあるような感じになる現象」のことを指しています。

「以前に経験や体験したことのない、初めての体験のことであるにも関わらず、昔、同じようなことを体験したことがあるかのような感覚に包まれる」という意味で理解することができます。

よくあるのは「前にもどこかで1度これと似たようなことを体験したことがある気がする」という感覚になることでしょう。

「デジャブ」の対義語

「デジャブ」の対義語としては、「ジャメブ」という言葉がありますが、「未視感」「日常的の体験を未知的なものて感じられること」という意味になります。

「デジャブ」の英語と解釈

「デジャブ」を英語で言うと、「既視感」の英訳から“already seen”という言葉で表現することができます。

「デジャブ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「デジャブ」を使ったれいぶん見て行きながら、具体的な活用法をシーンをイメージしていくことにしましょう。

「デジャブ」を使った例文1

「午後に行われた会議の中で、上司が言ったことにデジャブを覚えたのです」

「デジャブ」と言うと、何かしら摩訶不思議な感覚と思われがちですが、仕事のしている最中でも、このような経験をしたことがあると思います。

おそらく仕事の経験の中で体験したことがあるはずなのですが、思い出せないだけです。

「デジャブ」を使った例文2

「引っ越した新しい家の近くの川縁に行った時、何かデジャブを感じたんだ」

初めて行くはずなのに、いつか昔来たことがあるような感覚になることも「デジャブ」の1つです。

この例文のように引っ越し先の光景は、どこか懐かしささえ覚えることもあります。

「デジャブ」の類語や類義語・言い換え

「デジャブ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるか見ていくことにします。

「前に見た感じ」

「前に見た感じ」「デジャブ」の類義語として挙げることができます。

この言い回しは、普段の会話の中でもよく耳にすることがあるくらいに、よく出てくるフレーズです。

「既視体験」

少しずつ硬い言い回しの「既視体験」「デジャブ」の類義語として扱うことができます。

言葉を素直に解釈すると、「既に視たことがある体験」という意味で、「デジャブ」そのままの意味になります。

「何かか知っているような」

「何か知っているような」という言い方もできるでしょう。

この表現も「初めて触れるのに、何か昔からこのことを知っているような感じがする」というケースがあります。

全く謎の知らないはずなのに、昔からよく知っているような感覚になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典