スポンサーリンク

「デベロッパー」と「ゼネコン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デベロッパー」と「ゼネコン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「デベロッパー」「ゼネコン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デベロッパー」とは?

「デベロッパー」には、3つの意味があります。

1つめは、開発者、開発業者のことです。

開発とは、資源を利用して住宅や農地などを作り、その地域を活性化させることや、新しい技術や製品を実用化させることを意味します。

2つめは、ソフトウエアの製作者のことです。

3つめは、大規模に住宅を作る企業のことです。

宅地開発業者や都市開発業者などを指します。

「ゼネコン」とは?

「ゼネコン」は、土木や建築工事のすべてを請け負う大手建設業者のことです。

ゼネラルコントラクターという英語の略称で、日本語では一般的に「特定建設業許可を受けた総合工事業者」とされています。

特定建設業許可とは、規定された料金以上の工事を、下請けに出すときに必要な許可です。

つまり、ゼネコンは大きな金額の工事を下請け業者に発注をする建設業者ということになります。

「デベロッパー」と「ゼネコン」の違い

「デベロッパー」は開発者のことです。

宅地開発、マンション開発、大規模開発などさまざまなことの、主に企画や開発を行っています。

「ゼネコン」は下請けに出す建設業者のことです。

まとめ

「デベロッパー」「ゼネコン」は、どちらも不動産に関して用いられる言葉ですが、行っていることは異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典