スポンサーリンク

「デモ」と「暴動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デモ」と「暴動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「デモ」「暴動」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デモ」とは?

最初に「デモ」の意味をご説明致します。

「デモ」とは、基本的に国民が政府に対して、要求や批判などを訴えることです。

集団となって、行進をしたり、主張することを指しております。

また、宣伝のために実際に演じてみせることです。

さらに、競技の分野において、実際に行われる競技以外に、大衆に公開される競技のことになります。

「暴動」とは?

次に「暴動」の意味を解説していきます。

「暴動」の場合は、国や政治に不満などが募ったときに、一部の国民が集まり、騒ぎや事件を起こすことです。

この騒ぎや事件などによって、社会の秩序が乱れてしまいます。

「デモ」と「暴動」の違いとは?

ここでは「デモ」「暴動」の違いを取り上げてみましょう。

「デモ」の場合は、国民が集まり国に対して、要望や批難する際に行われることです。

そして、宣伝行為や、実際に行われる競技以外に、公開する競技のことを指しています。

「暴動」の場合は、一部の者が集まり、騒ぎや事件を起こして、安全を乱すことになります。

政策に対する、不満などが背景にあります。

「デモ」と「暴動」の使い方の違い

この項目においては、「デモ」「暴動」の使い方の違いを説明します。

「デモ」を使うときは、一般的に国民が集まって、国に対して主張するときや、行進などが行われるときに、使われるのが多いでしょう。

「暴動」を使う際は、一部の人間が束となって、国に対する不満をぶつける際に起こす騒動などを、表すときに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「定額給付金に対する、デモがネットでも行われている」

「デモをしても、聞き入れてもらえないことが多い」

後者の使い方

「メキシコは暴動が多い国として、有名だ」

「日本で唯一、暴動が起きた地域は、大阪の西成地区だ」

「デモ」を使った例文

ここでは「デモ」を使った例文を書いていきます。

・『デモは、デモンストレーションの略である』

・『彼はデモテープを、レコード会社に持ち込んだらしいが、相手にしてもらえなかったようだ』

・『渋谷でデモが行われており、政治家たちも、かなり焦っているようです』

・『デモをすることは、世論を知ってもらう、いいチャンスであると思います』

・『審査員の前で、デモ演奏をしたら、拍手してもらい、レコーディングにこぎ着けました』

「暴動」を使った例文

最後の項目においては、「暴動」を使った例文を書きます。

・『暴動が起きた場合は、すぐに警察が出動する手筈になっている』

・『去年に起きた暴動では、死人まで、出てしまったようです』

・『暴動を辞めさせるには、機動隊の出動も、検討される』

・『アメリカでは、黒人による暴動が、後を絶たない地域も実際にあるらしい』

・『暴動が起きる国は、危険と認識した方がいいだろう』

まとめ

まとめとして、「デモ」は、世論を政府に主張する際に、行われる行進や集会を指しております。

また、宣伝活動や競技の分野でも使われる言葉です。

「暴動」の場合は、一部の人間が集まって徒党を組んで、起こす騒ぎや事件です。

背景には、国や政治に対する不満があるとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典