スポンサーリンク

「トプ画」と「アイコン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トプ画」と「アイコン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トプ画」「アイコン」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「トプ画」から取り上げていきましょう。

スポンサーリンク

「トプ画」とは?

最初に「トプ画」の意味をご説明致します。

「トプ画」とは、基本的にSNS上で使われる、プロフィールの画像のことです。

尚、「アイコン画像」ということもありますので、「アイコンとトプ画は一緒」という認識も間違いではありません。

「アイコン」とは?

次に「アイコン」の意味を解説していきます。

「アイコン」の場合は、対象となる物事やシステムを、それらに因んだデザインの絵などを用いて、表現されるものです。

基本的に「アイコン」といいますと、コンピュータ上やSNS、ネット上で使われる「アイコン」を表すことが殆どとなります。

「トプ画」と「アイコン」の違いとは?

ここでは「トプ画」「アイコン」の違いを取り上げてみましょう。

「トプ画」の場合は、SNS上で使うプロフィール画像を指しているのです。

「アイコン」の方は、対象になることやシステムを、分かりやすいデザインの絵などで表現されるものを指します。

基本的にコンピュータ上、ネット上やSNS上で使われることが多いでしょう。

前者はSNSに固執しておりますが、後者はSNS以外にも使う用途が多いという部分が最大の違いとなります。

「トプ画」と「アイコン」の使い方の違い

この項目においては、「トプ画」「アイコン」の使い方の違いを説明します。

「トプ画」を使うときは、SNS上のプロフィール画像を指すときに使います。

「アイコン」の場合、対象となるものを分かりやすい絵で表現されているものを表すときに使うものです。

それぞれの使い方を書きます。

前者の使い方
「トプ画の画像を変えようかと悩んでおります」
後者の使い方
「パソコン上のアイコンが一新されるようだ」

「トプ画」を使った例文

ここでは「トプ画」を使った例文を書いていきます。

・『トプ画を新しいものにしたいと思い、編集している最中です』
・『トプ画が時代遅れになってきたので、現代風にアレンジしたトプ画にしたいと思います』
・『トプ画のデザインを、イラストレーターさんにお願いしています』
・『トプ画は商売するならば、集客に関しては、かなり影響を及ぼす部分になることでしょう』
・『トプ画のデザインを、もっと洗練されたものにしたいと考えています』

「アイコン」を使った例文

最後の項目においては、「アイコン」を使った例文を書きます。

・『Googlechromeのアイコンのデザインが斬新で好きです』
・『アイコンが消えてしまいました』
・『アイコンをダブルクリックすることで、サイトを開けます』
・『今やアイコンはネット上では、欠かせない存在となっています』
・『アイコンのデザインを手掛ける人は、凄いと感じました』

まとめ

まとめとして「トプ画」とは、SNS上のプロフィール画像のことを表しております。

「アイコン」の場合、対象になることやものをモチーフとしたデザインの絵で表現されるものです。

後者はネット上やSNS、コンピュータ上のものを指すことが殆どとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典